アラーム:不良状態:Ackタイププロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: Alarming.BadStatus.AckType

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: 変数プロパティ

使用方法: プロパティを作成する

シェア変数の不良状態アラームの認識方法を取得または設定します。このプロパティを使用するには、LabVIEW Datalogging and Supervisory Control(データロギング/監視制御)モジュールをインストールする必要があります。

メモ  アラームは、ネットワークで共有されたシェア変数でのみ有効にできます。

このプロパティはシェア変数プロパティダイアログボックスのアラームページにあるAckタイプオプションに似ています。

0Auto(デフォルト)―シェア変数値が通常の状態に戻ったときにLabVIEWにアラームが認識されることを示します。
1User―アラームの状態に関係なく、ユーザがアラームを認識するまでLabVIEWがアラームを認識しないことを示します。
2None—は廃止されました。
3Each Occurrence―ユーザがアラームを認識するまでLabVIEWがアラームを認識しないことを示します。LabVIEWでは、アラームが通常の状態から異常な状態に変化するたびに、新しいアラームインスタンスが生成されます。

このプロパティにEach Occurrenceを指定すると、ユーザが認識する前にLabVIEWで多数のアラームインスタンスが生成されることがあります。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった