単一プロセス:タイムスタンプを有効プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: Single-Process.EnableTimestamp

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: 変数プロパティ

使用方法: プロパティを作成する

TRUEの場合、単一プロセスのシェア変数がデータを読み取るたびに、タイムスタンプの値が記録されます。(Real-Time、Windows) タイムスタンプ情報を表示したり、タイムスタンプ出力をシェア変数ノードへ追加するには、シェア変数ノードを右クリックしてショートカットメニューからタイムスタンプを表示を選択します。このプロパティがFALSEの場合、タイムスタンプ出力は非表示になります。このプロパティは、単一プロセスのシェア変数のみと使用できます。デフォルト値はFALSEです。

VI実行中にこのプロパティを設定しようとするとエラーが発生します。

このプロパティはシェア変数プロパティダイアログボックスの変数ページにあるタイムスタンプ有効チェックボックスに似ています。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった