自動エラー処理プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Auto Err Handling

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: VIプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

TRUEの場合、VIの自動エラー処理を有効にします。

デフォルトでは、実行を中断し、エラーが発生したサブVIや関数をハイライトしてエラーダイアログボックスを表示することにより、VIの実行時に発生したエラーを自動的に処理します。

このプロパティはオプションダイアログボックスのブロックダイアグラムページにある新規VIで自動エラー処理を有効にするオプションおよびVIプロパティダイアログボックスの実行ページにある自動エラー処理を有効オプションに似ています。

メモ  LabVIEWランタイムエンジンは、自動エラー処理をサポートしません。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり
ユーザインタフェースがアイドルになるまで待機いいえ
制御VIで使用可能いいえ
グローバルVIで使用可能いいえ
指定タイプ定義で使用可能いいえ
多態性VIで使用可能いいえ


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった