VI文字列:エクスポートメソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: VI Strings.Export

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: VI メソッド

使用方法: メソッドを作成する

VI名および説明、オブジェクトのキャプションラベル、オブジェクトのフリーラベル、デフォルトデータ(文字列、表、パス、および配列のデフォルトデータ)、プライベートデータ(リストボックス項目の名前、表の行および列のヘッダ、グラフのプロット名、グラフのカーソル名、グラフの注釈名、タブ制御器ページキャプション)、多態性VIデータ(多態性VIのインスタンス名と選択ショートカットメニュー)など、VIとフロントパネルオブジェクトに関する文字列をタグ付きのテキストファイルにエクスポートします。

このメソッドはツールメニューの上級→文字列をエクスポートに似ています。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
文字列ファイルありLabVIEWがVIの文字列を書き込むテキストファイルへのパス。既存のファイルを指定すると、VIの文字列がファイルの末尾に追加されます。
対話式いいえ文字列ファイルの名前を選択する場合に、ファイルダイアログボックスを表示するかどうか指定します。デフォルト値はFALSEです。
ログファイルいいえVIの文字列をタグ付きのテキストファイルにエクスポートする間に発生するエラーの一覧を表示するログファイルへのパス。デフォルト値はロギングなしです。
キャプションを生成いいえ制御器のキャプションが自動的に生成されるかどうかを指定します。デフォルト値はFALSEです。
ダイアグラムをエクスポートいいえブロックダイアグラム文字列をエクスポートするかどうかを指定します。デフォルト値はFALSEです。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードあり
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった