VIアイコン:ファイルへ保存メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: VI Icon.Save to File

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: VI メソッド

使用方法: メソッドを作成する

VIアイコンの画像をファイルに保存します。

画像データのクラスタとしてVIアイコンを返すには、VIアイコン:画像データとして取得メソッドを使用することもできます。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
画像ファイルあり画像の保存先のパス。
画像形式いいえ画像の保存形式。

0PNG(デフォルト)
1JPEG
2GIF
3BMP
画像深度いいえ画像の各ピクセルを表示するのに使用するビット数である、画像のカラー深度を指定します。有効な値は、ピクセルあたり14、および8 (デフォルト)ビットです。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった