VI メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス階層を参照してください。

メソッド説明
BookmarkIDからObjectRefを取得ブックマークを含んでいるオブジェクト(ラベルなど)のリファレンスを返します。 詳細
VIアイコン:ファイルから設定ファイルからVIアイコンの画像を設定します。LabVIEWは、画像のVIアイコンと呼ばれるユーザレイヤを作成し、アイコンエディタダイアログボックスからのその他の既存の情報を削除します。 詳細
VIアイコン:ファイルへ保存VIアイコンの画像をファイルに保存します。 詳細
VIアイコン:画像データから設定指定する画像データからVIアイコンを設定します。LabVIEWは、画像のVIアイコンと呼ばれるユーザレイヤを作成し、アイコンエディタダイアログボックスからのその他の既存の情報を削除します。 詳細
VIアイコン:画像データとして取得画像についての情報を返します。「平坦化ピックスマップ描画」VIを使用してピクチャとして描画したり、グラフィック形式VIを使用して画像をファイルに保存することができます。 詳細
VIの依存項目を取得(名前&パス)このメソッドは、依存項目の名前とパスを返します。このメソッドを使用して、VIの依存項目合計セットの特定のサブセットを返すことができます。このメソッドは、プロジェクトライブラリ、XControl、クラス、ステートチャートなどの非VI依存項目を返しません。 詳細
VIブックマークを取得指定したVIリファレンスのブックマーク情報を返します。ブックマーク情報を読み取るためには、VIをメモリにロードする必要があります。VIがパスワード保護されているか、VIにブロックダイアグラムがないない場合、このメソッドはエラーを返します。 詳細
VIを一時停止VIの実行を一時停止または一時停止解除します。 詳細
VIを実行実行ボタンと同様、VIの実行を開始します。このメソッドは、実行時にパラメータによって渡されたデータを使用するのではなく、フロントパネル制御器の現在の値を使用する点で、VI呼び出しメソッドと異なります。また、このメソッドは、VIの実行:呼び出されたらフロントパネルを表示プロパティおよび実行:呼出し後に閉じるプロパティを無視します。 詳細
VIを中断トップレベルVIの実行を中止します。 詳細
VIを復元変更を破棄し、ディスクからVIを再ロードします。 詳細
VI文字列:インポートVIとフロントパネルオブジェクトに関する文字列をタグ付きのテキストファイルからインポートします。インポートする文字列は、VI名および説明、オブジェクトのキャプションラベル、オブジェクトのフリーラベル、デフォルトデータ(文字列、表、パス、および配列のデフォルトデータ)、プライベートデータ(リストボックス項目の名前、表の行および列のヘッダ、グラフのプロット名、グラフのカーソル名、グラフの注釈名、タブ制御器ページキャプション)、多態性VIデータ(多態性VIのインスタンス名と選択ショートカットメニュー)です。 詳細
VI文字列:エクスポートVI名および説明、オブジェクトのキャプションラベル、オブジェクトのフリーラベル、デフォルトデータ(文字列、表、パス、および配列のデフォルトデータ)、プライベートデータ(リストボックス項目の名前、表の行および列のヘッダ、グラフのプロット名、グラフのカーソル名、グラフの注釈名、タブ制御器ページキャプション)、多態性VIデータ(多態性VIのインスタンス名と選択ショートカットメニュー)など、VIとフロントパネルオブジェクトに関する文字列をタグ付きのテキストファイルにエクスポートします。 詳細
オブジェクトを移動ピクセル単位のオフセット量によってオブジェクトを移動します。 詳細
キーフォーカスされた制御器を検索現在キーフォーカスが置かれている制御器へのリファレンスを返します。ターゲットVIにキーフォーカスのある制御器がない場合は、非Refnumが返されます。 詳細
コネクタペーンを複製VIリファレンスのコネクタペーンを所定のコネクタペーンと一致させます。 詳細
コネクタペーン画像を取得詳細ヘルプウィンドウに表示されるコネクタペーン画像を返します。画像データのクラスタとして項目記号を返すので、「平坦化ピックスマップ描画」VIを使用してピクチャとして項目記号を描画したり、グラフィック形式VIを使用して画像をファイルに保存することができます。 詳細
コンパイル:VIVI、および任意でVIの階層全体をコンパイルします。 詳細
コンパイルメトリクスを取得メトリック記録が有効な場合、VIの最新のコンパイルから変換メトリックを示す文字列が返されます。 詳細
データタイプから作成指定したデータタイプの制御器または定数を作成します。スタイルを定数または表示器を作成するように構成した場合でも、最初は常に制御器が作成されます。新しいオブジェクトのタイプを変更するには、表示器プロパティを使用します。 詳細
デバッグ:デバッグボタンの表示状態を取得ボタンが有効な場合はTRUE、ボタンがグレー表示されている場合はFALSEを返します。このメソッドは、ボタンに関連付けられたヒントラベルの文字列も表示します。たとえば、このメソッドは中に入るボタンに対して「Forループの中に入る」などを返します。 詳細
デバッグ:外に出るVIでシングルステップを実行して、VIのデバッグに役立てます。このメソッドを使用するには、VIを一時停止する必要があります。 詳細
デバッグ:中に入るVIでシングルステップを実行して、VIのデバッグに役立てます。このメソッドを使用するには、VIを一時停止する必要があります。 詳細
デバッグ:飛び越えるVIでシングルステップを実行して、VIのデバッグに役立てます。このメソッドを使用するには、VIを一時停止する必要があります。 詳細
デフォルト値:すべてをデフォルト設定に戻すフロントパネルにあるすべての制御器の現在値をデフォルト値に変更します。 詳細
デフォルト値:現在の設定をデフォルト設定にするフロントパネルにあるすべての制御器のデフォルトを現在の値に変更します。このメソッドは編集モードでのみ有効です。 詳細
トランザクション:やり直し最後の操作をやり直します。これは、編集→やり直しを選択することに似ています。 詳細
トランザクション:やり直し状態を取得やり直す動作があるかどうか、ある場合はその動作に応じたテキストを返します。 詳細
トランザクション:失敗現在の処理を失敗させて、その処理の取り消し情報を削除します。 詳細
トランザクション:取り消し最後の操作を取り消します。このメソッドは、編集→取り消しを選択する操作に似ています。 詳細
トランザクション:取り消しを開始VIで取り消し処理を開始します。 詳細
トランザクション:取り消しを終了VIで取り消し処理を終了します。 詳細
トランザクション:取り消し状態を取得取り消す動作があるかどうか、ある場合はその動作に応じたテキストを返します。 詳細
ノードを適合オーバーロードしたノードをより適切な実装と置換することを可能にします。たとえば、「追加」関数をスクリプトして、それに行列制御器を配線すると、LabVIEWでワイヤが壊れます。ノードを適合を呼び出すと、「追加」関数が「行列を追加」VIに置換される場合があります。スクリプト中に演算子オーバーロードは起こりません。オーバーロードを発生するには、このメソッドを呼び出す必要があります。 詳細
ブロックダイアグラム:クリーンアップVIのブロックダイアグラムを、オブジェクトと信号を見やすく整列またはサイズ変更してクリーンアップします。ブロックダイアグラムのクリーンアップは、編集→ダイアグラムをクリーンアップを選択して実行することもできます。 詳細
ブロックダイアグラム:スケールされた画像を取得ブロックダイアグラムの画像を返し、メソッドに配線した最大幅および最大の高さに比例させるようにそれをスケールします。たとえば、ブロックダイアグラムの画像が200 x 200ピクセルで、値50を幅(最大)に、値100を高さ(最大)に配線した場合、メソッドは50 x 50ピクセルの画像を返します。幅(最大)にも高さ(最大)にも値を配線しない場合には、画像はその実際のサイズを保持します。 詳細
ブロックダイアグラム:不良ワイヤの削除VIのブロックダイアグラム上ですべての不良ワイヤを削除します。 このメソッドは、編集→不良ワイヤを削除を選択する操作に似ています。 詳細
フロントパネル:スケールされた画像を取得フロントパネルの画像を返し、メソッドに配線されている幅と高さの最大値に比例するようスケールします。このメソッドはフロントパネル:画像を取得メソッドに似ています。 詳細
フロントパネル:ランタイム位置:カスタムリファレンスVIを、フロントパネルが必ず指定した位置で開かれるように設定します。このメソッドを呼び出した時にVIが既に実行中の場合は、次回VIを実行するまで変更が反映されません。 詳細
フロントパネル:ランタイム位置:位置を取得実行時にフロントパネルウィンドウのデフォルト位置を返します。 詳細
フロントパネル:ランタイム位置:最小VIの実行のたびに常にフロントパネルが最小化されるようにVIを設定します。このメソッドを呼び出した時にVIが既に実行中の場合は、次回VIを実行するまで変更が反映されません。 詳細
フロントパネル:ランタイム位置:最大VIの実行のたびに常にフロントパネルが最大化されるようにVIを設定します。このメソッドを呼び出した時にVIが既に実行中の場合は、次回VIを実行するまで変更が反映されません。 詳細
フロントパネル:ランタイム位置:中央リファレンスVIを、実行時にフロントパネルが必ず中央に配置されるよう設定します。このメソッドを呼び出した時にVIが既に実行中の場合は、次回VIを実行するまで変更が反映されません。 詳細
フロントパネル:ランタイム位置:変更なしVI実行時にフロントパネルウィンドウの位置を維持するようVIを構成します。 詳細
フロントパネル:画像を取得フロントパネルの画像を平坦化されたピックスマップとして返します。フロントパネル:スケールされた画像を取得メソッドを使用して、フロントパネルの画像を返し、メソッドに配線した最大幅および最大の高さに比例させるようにスケールします。 詳細
フロントパネル:開くフロントパネルウィンドウを開きます。フロントパネルが既に開いている場合、このメソッドはフロントパネルウィンドウの状態をこのメソッドに配線した状態に変更します。 詳細
フロントパネル:中心コンピュータ画面でフロントパネルウィンドウを自動的に中央揃えにするかどうかを指定します。 詳細
フロントパネル:閉じるフロントパネルを閉じます。 詳細
ライブラリアクセススコープを取得このVIがLabVIEWプロジェクトライブラリに所有されている場合、そのアクセススコープまたは継承アクセススコープを返します。この方法により、所属するプロジェクトライブラリへのリファレンスを取得する必要なく、プロジェクトライブラリクラスのソーススコープ:取得メソッドと同じ情報を取得することができます。 詳細
ライブラリから切断LabVIEWプロジェクトライブラリから、それに属するVIを接続解除します。 詳細
リファレンスから作成定数または制御器リファレンスをテンプレートとして使用して定数または制御器を作成します。 詳細
リモートパネル:クライアント接続VIを表示または制御するクライアントについての接続情報を含むクラスタの配列を返します。 詳細
リモートパネル:クライアント接続を閉じるクライアントへのリモートのフロントパネル接続を閉じます。 詳細
リモートパネル:制御ロックを解除フロントパネルがロックされていると、このメソッドはキューにある次のクライアントへ制御の権限を許可します。クライアントがキューにない場合、このメソッドはフロントパネルのロックを解除します。フロントパネルのロックが既に解除されている場合には、このメソッドは無視されます。 詳細
リモートパネル:制御ロックを設定フロントパネルを制御するには、サーバへフロントパネルの制御を返して、クライアントからの任意の要求をキューに登録します。フロントパネルが既にロックされている場合は、このメソッドは無視されます。 詳細
ロック状態:取得VIのロック状態を返し、VIのパスワードがパスワードキャッシュにあるかどうかを示します。 詳細
ロック状態:設定VIのロック状態を設定します。対話式がFALSE(デフォルト)の場合、パスワードを使用して、パスワード保護されているVIのロックを解除するか、または保護されていないVIのパスワードを設定します。対話式がTRUEの場合、パスワードは無視され、ロック状態を変更するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。 詳細
印刷:VIからHTMLVIの情報をHTMLファイルに保存し、グラフィックを外部ファイルに保存します。この「デフォルトブラウザでURLを開く」VIを使用して、デフォルトのウェブブラウザにHTMLファイルを表示することができます。 詳細
印刷:VIからRTFVIの情報をRTFファイルに保存します。 詳細
印刷:VIからテキストVIの情報をテキストファイルに保存します。ただし、アイコン、コネクタペーン、フロントパネル、ブロックダイアグラム、サブVIアイコン、VI階層はテキストファイルに保存できません。 詳細
印刷:VIからプリンタVIの情報をプリンタに印刷します。 詳細
印刷:パネルからPostScriptVIのパネルを指定したPostScriptファイルに印刷します。 詳細
印刷:パネルからプリンタフロントパネルのみ現在のプリンタで印刷します。このメソッドを使用して、ブロックダイアグラム、制御器のリスト、または多態性VIのフロントパネルを印刷することはできません。 詳細
VIのフロントパネルとダイアグラムを空にします。 詳細
制御器の値:すべて取得VIのすべての制御器または表示器の値をバリアントデータとして取得します。このメソッドは、制御器と表示器の名前およびバリアントデータ値を含むクラスタの配列を返します。このデータを他のLabVIEWデータタイプに変換するには、「バリアントからデータに変換」関数を使用します。 詳細
制御器の値:取得指定された制御器または表示器の値をバリアントデータとして取得します。このデータを他のLabVIEWデータタイプに変換するには、「バリアントからデータに変換」関数を使用します。 詳細
制御器の値:設定指定されたバリアントの制御器および表示器の値を設定します。このメソッドに任意のデータタイプの値を配線することができます。データをバリアントデータタイプに変換するために、「バリアントへ変換」関数を使用する必要はありません。 詳細
制御器指標を名前で取得名前で指定された制御器または表示器の指標を取得します。指標を取得したい制御器または表示器が、ブロックダイアグラム上に端子をもたない場合、このメソッドはエラーを返します。 詳細
非同期呼び出しプールを追加VIリファレンスの非同期呼び出しプールに、最小サイズパラメータで指定されている数以上のデータスペースを確保します。デフォルトでは、「VIリファレンスを開く」関数でリファレンスを開くと、開発コンピュータの各CPUに1つのデータスペースが割り当てられます。 詳細
並列ループを検出VIで並列ループを検出します。 詳細
保存:ランタイムメニューパスによって指定されたファイルにランタイムメニューを保存します。このメソッドは、VIの実行中のみ使用できます。有効なタグ付きのメニュー項目のみ保存します。 詳細
保存:旧バージョン用LabVIEWバージョン8.0以降で読み取り可能なVIのコピーを保存します。以前のバージョンのLabVIEW用にパスワード保護されたVIを保存する場合、パスワードを入力する必要があります。「VIリファレンスを開く」関数の入力でプログラム的にパスワードを入力します。 詳細
保存:計測器現在実行していないVIを保存し、保存前に他のアプリケーションインスタンスの編集されたバージョンと同期します。 詳細
履歴をクリア参照されているVIのリビジョン履歴をクリアにします。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった