フロントパネルウィンドウ:最小サイズプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: FP.Minimum Size

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: VIプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

フロントパネルウィンドウのサイズをピクセル単位で最小化します。フロントパネルウィンドウ:サイズ変更可能がTRUEの場合、ユーザはこのプロパティに配線する幅と高さよりも小さいサイズにフロントパネルをサイズ変更できません。

ウィンドウのサイズは、両次元で1ピクセル未満に設定できません。ペーンのサイズをスクロールバーと内容領域の最小サイズ以下に設定した場合、LabVIEWはスクロールバーを非表示にします。スクロールバーは、ペーンのサイズを拡大すると再び表示されます。1つのペーンで構成されるフロントパネルでは、最小サイズはスクロールバーを除いたそのペーンの内容領域を指します。複数のペーンで構成されるフロントパネルでは、最小サイズは表示されているすべてのスクロールバーを含むフロントパネル全体を指します。

このプロパティはVIプロパティダイアログボックスのウィンドウサイズページにある最小パネルサイズオプションに似ています。

要素

名前 説明
水平 フロントパネルウィンドウの最小幅(ピクセル単位)です。この値は、1より小さくすることはできません。
垂直 フロントパネルウィンドウの最小の高さ(ピクセル単位)です。この値は、1より小さくすることはできません。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードあり
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり
ユーザインタフェースがアイドルになるまで待機いいえ
制御VIで使用可能いいえ
グローバルVIで使用可能いいえ
指定タイプ定義で使用可能いいえ
多態性VIで使用可能いいえ


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった