VIプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス階層を参照してください。

ファイル→VIプロパティおよび他のメニュー項目を選択することにより、これらのプロパティを編集モードのVIに対して設定できます。Refnumをプロパティノードリファレンス入力に配線しない場合、LabVIEWは現在のVIのプロパティを取得または設定します。

プロパティ説明
VIクローン名再入可能VIのクローンの名前です。VIがクローンでない場合は、エラーを返します。 詳細
VIタイプVIのタイプを指定します。 詳細
VIの説明VIのアイコンにカーソルを移動した際に表示される詳細ヘルプウィンドウや、生成したVIドキュメントに使用されるVIの説明です。 詳細
VIパスVIファイルへのパスです。 詳細
VI一時停止?VIの実行を一時停止するかどうかを指定します。TUREの値はVIが一時停止していることを示します。FALSEの値はVIが一時停止しておらず、実行中ではないことを示します。 詳細
VI名VIのファイルの名前です。LabVIEWプロジェクトライブラリにVIがある場合、このプロパティはVIの修飾名(プロジェクトライブラリのファイル名を含む)を返します。 詳細
インスタンスVIがExpress VIインスタンスであるかどうかを示します。 詳細
クローンVI?VIが再入可能VIのクローンである場合、TRUEを返します。 詳細
コネクタペーン:データタイプコネクタペーンのデータタイプをバリアントデータとして返します。VIのコネクタペーンは、VIデータタイプです。多態性VIのコネクタペーンは、多態性VIデータタイプです。カスタム制御器、グローバル変数、タイプ定義のコネクタペーンのデータタイプは、制御器のデータタイプと同じです。 詳細
コネクタペーン:リファレンスVIのコネクタペーンへのリファレンスを返します。 詳細
コネクタペーン:設定VIのコネクタペーンを、VIリファレンス入力のコネクタペーンと一致するように設定します。 詳細
コンパイル:コードの複雑度オプションダイアログボックスの環境ページにあるコンパイラ最適化スライダで使用する、リファレンスVIの複雑度を返します。これらの2つの値を比較して、このVIのコンパイル時にエディタの応答性と実行速度のどちらを優先するか決定することができます。 詳細
コンパイル:前回コンパイル時の最適化レベルこのVIが最後にコンパイルされたときのコンパイラ最適化のレベルを返します。この値は、VIの複雑度が、エディタの応答性を優先させるためにコンパイラ最適化の制限を開始するしきい値を超えているかどうかを示します。 詳細
コンパイルコードを含むVIにコンパイルコードが含まれているかどうかを設定または返します。 詳細
ツールバー:実行ボタンを表示VIの実行中にツールバーの実行ボタンを表示するかどうかを指定します。 詳細
ツールバー:停止ボタンを表示VIの実行中にツールバーの実行を中断ボタンを表示するかどうかを指定します。 詳細
ツールバー:表示VIの実行中にツールバーを表示するかどうかを指定します。 詳細
ツールバー:連続実行ボタンを表示VIの実行中にツールバーの連続実行ボタンを表示するかどうかを指定します。 詳細
ドロップ時にサブVIを展開端子がサブVIとして配置されると、端子を展開して表示します。 詳細
パックライブラリにある?このVIがパックプロジェクトライブラリに含まれる場合TRUEを返します。 詳細
プローブプローブとしてVIを実行中でプローブVIが開いていると、TRUEを返します。 詳細
ブロックダイアグラムVIのブロックダイアグラムへのリファレンスを返します。このプロパティは、スタンドアロンアプリケーションで使用できません。 詳細
ブロックダイアグラムウィンドウ:ウィンドウ境界ブロックダイアグラムウィンドウの境界を取得または設定します。 詳細
ブロックダイアグラムウィンドウ:開くブロックダイアグラムウィンドウを開閉します。 詳細
ブロックダイアグラムウィンドウ:基点ブロックダイアグラムの左上隅の垂直および水平座標を取得または設定します。 詳細
ブロックダイアグラムウィンドウ:状態ブロックダイアグラムウィンドウの現在の状態を示します。 詳細
フロントパネルVIのフロントパネルへのリファレンスです。 詳細
フロントパネルウィンドウ:「戻る」ボタンをハイライト<Enter>のショートカットキーが割り当てられたブール制御器をハイライトするかどうかを指定します。 詳細
フロントパネルウィンドウ:VIを透明にして実行VIを実行時に半透明ウィンドウスタイルで表示するよう設定します。透明度はフロントパネルウィンドウ:透明度プロパティで設定できます。 詳細
フロントパネルウィンドウ:ウィンドウの境界クラスタの4つの要素は、内部領域、スクロールバー、タイトルバー、メニューバー、およびツールバーを含むフロントパネルウィンドウの上、左、下、右の値です。これらはグローバルスクリーン座標にあり、数値は(開いているウィンドウではなく)コンピュータモニタの画面内に表示される座標を示します。 このプロパティは、フロントパネルが開いているVIにのみ設定することができます。このプロパティを設定するVIをユーザには表示しない場合は、フロントパネルウィンドウ:状態プロパティをHidden状態にして、VIのフロントパネルを非表示にします。 詳細
フロントパネルウィンドウ:ウィンドウ比を保持するフロントパネルウィンドウのサイズをモニタの解像度に合わせて調整するかどうかを指定します。元の解像度と同じ割合で画面が表示されるように、ウィンドウのサイズが変更されます。 詳細
フロントパネルウィンドウ:カスタムタイトルVIがカスタムタイトル文字列を待機するかどうかを指定します。FALSEに設定すると、カスタムタイトル文字列が削除されます。 詳細
フロントパネルウィンドウ:サイズ変更可能VIの実行中にフロントパネルウィンドウを変更できるかどうかを指定します。 詳細
フロントパネルウィンドウ:タイトルタイトルバーに表示される文字列です。この文字列はVIのファイル名と一致する必要はありません。 詳細
フロントパネルウィンドウ:タイトルバー表示VIの実行中にフロントパネル上にタイトルバーを表示するかどうかを指定します。 詳細
フロントパネルウィンドウ:パネルの境界クラスタの4つの要素は、フロントパネルウィンドウの内部領域の上、左、下、右の値であり、スクロールバー、タイトルバー、メニューバー、およびツールバーは含まれません。クラスタ要素はグローバルスクリーン座標にあり、数値は(開いているウィンドウではなく)コンピュータモニタに表示される座標を参照します。 このプロパティは、フロントパネルが開いているVIにのみ設定することができます。このプロパティを設定するVIをユーザには表示しない場合は、フロントパネルウィンドウ:状態プロパティをHidden状態にして、VIのフロントパネルを非表示にします。 詳細
フロントパネルウィンドウ:メニューバーを表示VIの実行中にフロントパネル上にメニューバーを表示するかどうかを指定します。 詳細
フロントパネルウィンドウ:モニタ複数のモニタがある場合は、フロントパネルウィンドウが表示されているモニタです。(Windows)0の値は、プライマリモニタです。(OS X)1の値は、プライマリモニタです。 詳細
フロントパネルウィンドウ:最小サイズフロントパネルウィンドウのサイズをピクセル単位で最小化します。フロントパネルウィンドウ:サイズ変更可能がTRUEの場合、ユーザはこのプロパティに配線する幅と高さよりも小さいサイズにフロントパネルをサイズ変更できません。 詳細
フロントパネルウィンドウ:最小化可能VIの実行中にユーザがフロントパネルウィンドウのサイズを最小化できるかどうかを指定します。 詳細
フロントパネルウィンドウ:最前面この値にTRUEを配線すると、フロントパネルが最前面に表示されます。このプロパティは、発呼者VIのアプリケーションインスタンスでのみ適用されます。この値にFALSEを配線すると、何も起こりません。このプロパティを読み取ることで、フロントパネルウィンドウが最前面のウィンドウであるかどうか(フローティングウィンドウは除外)が分かります。 詳細
フロントパネルウィンドウ:実行中にポップアップを許可VIの実行時にフロントパネルのオブジェクトのショットカットメニューを表示するかどうかを指定します。デフォルトのランタイムショートカットメニューを表示しない場合、カスタマイズされたショートカットメニューを引き続き含めることができます。 詳細
フロントパネルウィンドウ:状態フロントパネルウィンドウの現在の状態を示します。 詳細
フロントパネルウィンドウ:透明度VIウィンドウの透明度を設定します。透明度のレベルは、0%では不透明、100%では非表示になります。このプロパティは、0~100の範囲外の値を指定するとエラーを返します。透明度を100に設定すると、VIは非表示になりフロントパネルから制御できなくなります。この場合、VIを再度表示するためにはフロントパネルのブロックダイアグラムからVIを停止する必要があります。このプロパティを有効にするためには、フロントパネルウィンドウ:VIを透明にして実行プロパティをTRUEに設定する必要があります。フロントパネルウィンドウ:VIを透明にして実行プロパティのデフォルト値はFALSEで、このプロパティの設定は無視されます。 詳細
フロントパネルウィンドウ:動作フロントパネルウィンドウの動作を指定します。有効な値は0 (Invalid)、1 (Default)、 2 (Floating)、3 (Floating/Auto-Hide)、4 (Modal)です。 詳細
フロントパネルウィンドウ:閉可能ウィンドウの「閉じる」ボタンとファイルメニューの閉じる項目を無効にするかどうかを指定します。 詳細
ヘルプ:ウェブURLを使用VIの詳細ヘルプオンラインヘルプリンクからウェブベースヘルプにリンクするかどうかを示します。 詳細
ヘルプ:ドキュメントタグVIがリンクされているヘルプファイルのトピックの指標キーワードまたはHTMLファイル名です。 詳細
ヘルプ:ドキュメントのウェブURL詳細ヘルプウィンドウのオンラインヘルプリンクとリンクさせるウェブベースヘルプトピックのURL 詳細
ヘルプ:ドキュメントパスVIがリンクされたHTMLファイル(.htmまたは.html)、コンパイルされたヘルプファイル(.chmまたは.hlp)へのパスあるいはシンボリックパスです。 詳細
ライブラリVIを所有する LabVIEWプロジェクトライブラリXControl、またはLabVIEWクラスの名前を返します。VIを所有するライブラリ、XControl、またはクラスがない場合、このプロパティは非Refnumを返します。 詳細
ライブラリ:バージョン指定したVIが含まれるライブラリのバージョンを返します。 詳細
ランタイムメニューパス読み取られる際、このプロパティはVIのランタイムメニューパスを返します。書き込みを行うと、このプロパティはVIのランタイムメニューパスをアップデートします。このプロパティを書き込む際VIが起動中の場合、新規パスからのデータでメニューを更新します。 詳細
印刷:ブロックダイアグラムの拡大縮小?TRUEの場合、印刷されたページにブロックダイアグラムが収まるようにブロックダイアグラムのサイズを調整します。 詳細
印刷:フロントパネル拡大縮小?TRUEの場合、LabVIEWは印刷されたページに合うようにフロントパネルをスケールします。 詳細
印刷:ページヘッダ?TRUEの場合、VIのヘッダを印刷します。ヘッダの内容をカスタマイズするには、このクラスの印刷:ヘッダ内容プロパティを使用してください。 詳細
印刷:ページ印刷の向き?VIを印刷する際に使用するページの向きを取得または設定します。 詳細
印刷:ヘッダ内容:VIアイコン?TRUEの場合、VIのヘッダにVIアイコンが含まれます。VIのヘッダを印刷するかどうかを設定するには、印刷:ページヘッダ?プロパティを使用します。 詳細
印刷:ヘッダ内容:VIパス?TRUEの場合、VIのヘッダにVIパスが含まれます。VIのヘッダを印刷するかどうかを設定するには、印刷:ページヘッダ?プロパティを使用します。 詳細
印刷:ヘッダ内容:VI名?TRUEの場合、VIのヘッダにVI名が含まれます。VIのヘッダを印刷するかどうかを設定するには、印刷:ページヘッダ?プロパティを使用します。 詳細
印刷:ヘッダ内容:ページ番号?TRUEの場合、VIのヘッダにページ番号が含まれます。VIのヘッダを印刷するかどうかを設定するには、印刷:ページヘッダ?プロパティを使用します。 詳細
印刷:ヘッダ内容:印刷された日付?TRUEの場合、VIのヘッダに日付を印刷します。VIのヘッダを印刷するかどうかを設定するには、印刷:ページヘッダ?プロパティを使用します。 詳細
印刷:ヘッダ内容:変更された日付?TRUEの場合、VIのヘッダに最終更新が含まれます。VIのヘッダを印刷するかどうかを設定するには、印刷:ページヘッダ?プロパティを使用します。 詳細
印刷:余白VIを印刷する際に使用するページ余白(インチまたはセンチメートル)を取得または設定します。 詳細
開いたら編集モードTRUEの場合、VIは編集モードで開きます。FALSEでは実行モードで開き、タイトルバー、メニューバー、ツールバーは表示されません。 詳細
自動エラー処理TRUEの場合、VIの自動エラー処理を有効にします。 詳細
自動ロギング:ログファイルパスフロントパネルデータとタイムスタンプが書き込まれるデータログファイルへのパスです。 詳細
自動ロギング:終了後にログVIの実行後にフロントパネルの値をデータログファイルに書き込むかどうかを指定します。 詳細
自動ロギング:終了後に印刷VIの実行後にフロントパネルを印刷するかどうかを指定します。 詳細
実行:インライン許可このサブVIをその発呼者VIにインラインできる場合はTRUEを返します。 詳細
実行:サブVIをインラインサブVIをその発呼者VIにインラインするかどうかを指定します。 詳細
実行:デバッグを許可TRUEの場合、VIでデバッグツールを使用することができます。たとえば、ブレークポイントの設定プローブの作成実行ハイライトシングルステップデバッグの実行などが可能です。このプロパティをFALSEに設定すると、デバッグツールは使用できなくなりますが、必要なメモリ容量が減り、VIのパフォーマンスが若干向上します。 詳細
実行:ロードされたらフロントパネルを表示VIをロードした際にフロントパネルを表示するかどうかを指定します。 詳細
実行:開かれたら実行VIを開いた際にそのVIを実行するかどうかを指定します。 詳細
実行:呼び出されたらフロントパネルを表示VIを呼び出した際にフロントパネルを表示するかどうかを指定します。 詳細
実行:呼び出されたら中断VIをサブVIとして呼び出すときに、LabVIEWがそのVIの実行を中断するかどうかを示します。このプロパティを再入可能なVIで使用する際には注意が必要です。 詳細
実行:呼出し後に閉じるVIの実行後にフロントパネルを閉じるかどうかを指定します。 詳細
実行:再入タイプLabVIEWが再入可能VIに使用する再入のタイプを示します。 詳細
実行:再入可能VIを再入可能にするかどうかを示します。 詳細
実行:状態VIの実行状態を示します。 詳細
実行:優先実行システムVIを実行する実行システムを指定します。 詳細
実行:優先度他のタスクと並行してVIを実行する際のVIの優先度を指定します。 詳細
修正:VI修正ビットセットVIの保存後にVIに対して変更が加えられたかどうかを示します。値が0の場合、変更は行われていません。値が0以外の場合、変更が行われたことを示します。 詳細
修正:ブロックダイアグラム修正ビットセットVIが保存または開かれてから(最後に行われた動作による)、ブロックダイアグラムに変更が追加されたかどうかを示します。値が0の場合、変更は行われていません。値が0以外の場合、変更が行われたことを示します。 詳細
修正:フロントパネル修正ビットセットVIの保存後にVIのフロントパネルで変更が行われたかどうかを示します。値が0の場合、変更はありません。値が0以外の場合、変更が行われたことを示します。 詳細
所有アプリケーションこのVIを所有するアプリケーションへのリファレンスを返します。後で必ずこのリファレンスを閉じてください。 詳細
制御VIのタイプ制御器VIがcontrol、typedef、strict typedefのどれであるかを指定します。このプロパティは制御器VIでのみ有効です。 詳細
測定基準:コードサイズVIコード用に使用されているバイト単位のメモリ量です。 詳細
測定基準:データサイズの合計データに割り当てられたバイト単位のメモリの量です。 詳細
測定基準:ブロックダイアグラムのサイズブロックダイアグラムのサイズ(バイト単位)です。 詳細
測定基準:フロントパネルのサイズフロントパネルのサイズ(バイト単位)です。 詳細
測定基準:ロードされたブロックダイアグラムVIのブロックダイアグラムがメモリにあるかどうかを指定します。ウィンドウが開いていない場合でも、ブロックダイアグラムはメモリにある可能性があります。 詳細
測定基準:ロードされたフロントパネルVIのフロントパネルがメモリにあるかどうかを指定します。ウィンドウが開いていない場合でも、フロントパネルはメモリにある可能性があります。 詳細
端子境界[]リファレンスVIのコネクタペーンの端子境界の配列を返します。各端子の境界は、端子を表す長方形の各辺の位置を示す整数のクラスタとして表されます。 詳細
配列と文字列を自動事前割り当てVIで配列と文字列を自動事前割り当ての設定を取得または設定します。これは、実行時にメモリを動的に割り当てるのではなく、コンパイル時にメモリを事前に割り当てるようにLabVIEW設定することで、配列および文字列の操作を最適化するようにFPGAモジュールで使用されます。 このプロパティはVIプロパティダイアログボックスの実行ページにある配列と文字列を自動事前割り当てチェックボックスに似ています。 詳細
発呼者の名前基準とされるVIを呼び出すロードされたすべてのVIのリストを返します。 詳細
履歴:アプリケーションコメントを記録新規バージョンのLabVIEWへの変換、サブVIの変更、VIの名前またはパスの変更など、特定のイベントが発生した際にVIのリビジョン履歴にコメントを追加するかどうかを指定します。 詳細
履歴:すべてのテキストVIのリビジョン履歴に追加されたすべてのテキストを返します。 詳細
履歴:デフォルトを使用グローバルデフォルト履歴またはその他の履歴プロパティに入力された値を使用するかを指定します。 詳細
履歴:リビジョン番号VIの現在のリビジョン番号です。 詳細
履歴:閉じる際にコメントを要求VIを閉じる際にVIの履歴コメントの入力を要求するプロンプトを表示するかどうかを指定します。 詳細
履歴:保存するたびにコメントを追加VIが保存されるたびにコメントをVIのリビジョン履歴に追加するかどうかを指定します。 詳細
履歴:保存する際にコメントを要求VIを保存する際にVIの履歴コメントの入力を要求するプロンプトを表示するかどうかを指定します。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった