印刷:VIからHTMLメソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Print.VI To HTML

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: VI メソッド

使用方法: メソッドを作成する

VIの情報をHTMLファイルに保存し、グラフィックを外部ファイルに保存します。この「デフォルトブラウザでURLを開く」VIを使用して、デフォルトのウェブブラウザにHTMLファイルを表示することができます。

このメソッドは、印刷ダイアログボックスの出力先ページにあるHTMLファイルオプションに似ています。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
HTML ファイルパスありVI情報を保存するHTMLファイルへのパス。ファイルを保存するディレクトリは既に存在する必要があります。また、HTMLファイル名などの完全パスを配線する必要があります。
追加?いいえ既存のファイルに新しいデータを追加するかどうかを指定します。デフォルト値はFALSEです。
形式いいえ印刷するVI情報と印刷フォーマットを指定します。カスタム、標準、フロントパネル、サブVIを使用、ドキュメントのすべての中から選択できます。 この入力がカスタムでない場合、LabVIEWはアプリケーション印刷プロパティクラスのカスタム形式のプロパティのすべてを無視します。

0Custom(デフォルト)―プロパティノードアプリケーションクラスの印刷プロパティを使用してフォーマットを指定します。
1Standard―VIの説明、アイコンとコネクタペーン、フロントパネル、ブロックダイアグラムを印刷します。
2Using Panel―VIの説明、フロントパネル、制御器と表示器のデータタイプ、名前、説明を印刷します。LabVIEWは、制御器と表示器をタブ順で印刷します。
3Using SubVI―VIの説明、アイコンとコネクタペーン、接続された制御器と表示器(データタイプ、名前、説明を含む)を印刷します。LabVIEWは制御器と表示器をタブ順で印刷します。この形式は、『LabVIEWヘルプ』のVIおよび関数リファレンスのトピックの形式と似ています。
4Complete―VIの説明、アイコンとコネクタペーン、フロントパネル、制御器と表示器(データタイプ、名前、説明を含む)、ブロックダイアグラム、サブVIのリスト(アイコン、名前、パスを含む)、リビジョン履歴情報、およびVI階層を印刷します。
画像形式いいえグラフィックファイルの形式を選択します。

0PNG(デフォルト)
1JPEG
2GIF
画像深度いいえ画像のカラー深度またはサポートされている色の数を1 (1ビット、白黒)、4 (4ビット、16色)、8 (8ビット、256色)、または24 (24ビット、Trueカラー)で設定します。デフォルトは8です。
画像ディレクトリいいえグラフィックファイルを保存するディレクトリへのパス。ファイルを保存するディレクトリは、既に存在している必要があります。指定がなければ、LabVIEWは画像ファイルをHTMLまたはRTFファイルと同じディレクトリに保存します。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードあり
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった