VIを実行メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: Run VI

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: VI メソッド

使用方法: メソッドを作成する

実行ボタンと同様、VIの実行を開始します。このメソッドは、実行時にパラメータによって渡されたデータを使用するのではなく、フロントパネル制御器の現在の値を使用する点で、VI呼び出しメソッドと異なります。また、このメソッドは、VIの実行:呼び出されたらフロントパネルを表示プロパティおよび実行:呼出し後に閉じるプロパティを無視します。

メモ  このメソッドを実行するには、VIにフロントパネルがなければなりません。アプリケーションビルダを使用している場合は、フロントパネルを削除しないよう注意してください。

このメソッドは、別のVIで実行用に既に予約されているVIを実行するために使用できません。

「VIリファレンスを開く」関数でタイプ識別子VI Refnum入力に値を配線した場合、返されたリファレンスはこのメソッドで使用できません。代わりに、リファレンス呼び出しノードを使用する必要があります。

再入可能VIでこのメソッドを使用する場合は、「VIリファレンスを開く」関数でオプションパラメータを0x08に設定し、再入実行用にVIを準備します。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
終了まで待機いいえインボークノードの実行を継続する前に、VIが実行を完了するまで待機するかどうかを指定します。デフォルトはTRUEです。
ヒント  ターゲットVIを非同期実行するには、VIを実行メソッドの代わりに「非同期呼び出しを開始」ノードを使用します。非同期呼び出しを開始ノードでは、簡単なインタフェースによって、対応する非同期呼び出しを待機ノードを使用してターゲットVIの出力を取得することができます。
リファレンスを自動破棄いいえVIを、フロントパネルを即時開くことなく、またはターゲットVI内の別のリファレンスを開くことなく、発呼者とは独立して実行できます。TRUEの場合、リファレンスVIはリファレンスの所有者を発呼者VIから実行中のVIに変更します。つまり、リファレンスを開いたVIではなくターゲットVIがアイドル状態になると、リファレンスがパラレルデータスペースとともに破棄されます。このリファレンスは、ターゲットVIによって閉じられない限りは、発呼者VIで使用できます。VIを実行メソッドからエラーが返されなければ、発呼者VIからリファレンスを閉じる必要がありません。発呼者VIでリファレンスを閉じた場合は、ターゲットVIが中断されメモリから解放される可能性があります。FALSEの場合、VIリファレンスを開いたVIがアイドル状態になると、自動的にリファレンスVIを破棄します。デフォルトはFALSEです。
メモ  リファレンスを自動破棄がTRUEでメソッドからエラーが返された場合は、リファレンスの所有者はターゲットVIに変更されません。したがって、ターゲットVIがアイドル状態になってもリファレンスは自動的に破棄されません。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能あり (読み取り/書き込み)
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった