ロック状態:設定メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Lock State.Set

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: VI メソッド

使用方法: メソッドを作成する

VIのロック状態を設定します。対話式がFALSE(デフォルト)の場合、パスワードを使用して、パスワード保護されているVIのロックを解除するか、または保護されていないVIのパスワードを設定します。対話式がTRUEの場合、パスワードは無視され、ロック状態を変更するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

このメソッドは、VIプロパティダイアログボックスの保護ページにあるロックなし(パスワードなし)ロック(パスワードなし)パスワード保護オプションに似ています。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
ロック状態ありVIの編集権限のレベルを指定します。

0invalid lock state
1Not Locked―ユーザはブロックダイアグラムを表示、編集できます。
2Locked (No Password)―ユーザはブロックダイアグラムを表示できますが編集できません。
3Password-protected―ユーザはパスワードを入力しなければブロックダイアグラムを表示、編集できません。
対話式いいえロック状態を変更することを促すダイアログボックスを表示するかどうかを指定します。デフォルトはFALSEです。
パスワードいいえロック状態がパスワード保護されている場合、パスワードは新しいパスワードになります。ロック状態をパスワード保護から変更すると、パスワードは古いパスワードになります。デフォルトは空の文字列です。
キャッシュに保存いいえロック状態がパスワードで保護されている場合、キャッシュに保存は新規パスワードをキャッシュに保存するかどうかを指定します。デフォルトはFALSEです。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった