VIアイコン:画像データから設定メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: VI Icon.Set from Image Data

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: VI メソッド

使用方法: メソッドを作成する

指定する画像データからVIアイコンを設定します。LabVIEWは、画像のVIアイコンと呼ばれるユーザレイヤを作成し、アイコンエディタダイアログボックスからのその他の既存の情報を削除します。

ピックスマップを使用してアイコンを設定する場合、このメソッドを使用する前に「ピックスマップを平坦化」VIを使用して、データを画像データクラスタに変換します。ピクチャを使用してアイコンを設定する場合、このメソッドを使用する前に「ピクチャからピックスマップに変換」VIを使用して、データを画像データクラスタに変換します。画像データをこのメソッドに書き込む前に、「マスク作成」VIを使用して特定の色を透明にします。

このメソッドは配線した画像データを適切なカラー深度に変換します。たとえば、4ビット画像データをColor256入力に配線すると、このメソッドは画像データを8ビットのカラー深度に変換します。

画像データをColor16入力に配線しない場合、LabVIEWはColor256入力に配線した画像データを4ビットのカラー深度に変換します。画像データをモノクロ入力に配線しない場合、LabVIEWはColor16入力に配線した画像データを1ビットのカラー深度に変換します。それ以外の場合は、Color256入力に配線された画像データは1ビットのカラー深度に変換されます。

このメソッドに配線した画像データが32 × 32ピクセル以外のサイズで画像を表示する場合、このメソッドは画像を32 × 32ピクセルにサイズ変更します。

画像ファイルからVIアイコンを設定するには、VIアイコン:ファイルから設定メソッドを使用することもできます。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
Color256あり8ビットのVIアイコンを使用する画像データを指定します。アイコンエディタダイアログボックスでは、アイコンが256色(8ビット)とモノクロ(1ビット)の両方の形式で保存されます。
  • 画像タイプ—後の使用のために予約済。
  • 画像深度—画像の各ピクセルを表示するのに使用するビット数である、画像のカラー深度を指定します。有効な値は、1ピクセルあたり148、および、24ビットです。 画像深度は、LabVIEWでの画像およびの値の解釈方法に影響します。
  • 画像—ラスター順で画像にある各ピクセルの色を表すバイトの配列です。画像深度の値は、LabVIEWでのこの入力値の解釈方法を指定します。 画像深度24の場合、各ピクセルは3バイトで色を表示します。各ピクセルの最初のバイトは赤の値、2番目のバイトは緑の値、3番目の値は青の値を示します。

    画像深度8の場合、各ピクセルは1バイトで色を表示します。各ビットの値はの要素に対応します。この色は、赤、緑、青の値が後に続く、最上位バイトがゼロの32ビットRGB値を格納します。

    画像深度4の場合、0から15を含む画像の有効値を除いて、画像深度8の場合と似た動作になります。

    画像深度1の場合、画像の0の値はすべての要素0に対応します。その他のすべての値は、での要素1に対応します。
  • マスク—ピクセルについてマスク情報を記述する各ビットのバイトの配列です。最初のバイトは最初の8ピクセルを表し、2番目のバイトはその次の8ピクセルを表すというようになります。 1ビットが0の場合、LabVIEWでは対応するピクセルを透明として描画します。配列が空の場合、LabVIEWでは透明度なしですべてのピクセルを描画します。画像内の各ピクセルに対して配列に1ビットが含まれない場合、LabVIEWは透明度なしで配列から欠如したピクセルを描画します。
  • 画像の値に対応するRGBカラー値の配列です。画像深度の値は、LabVIEWでのこの入力値の解釈方法を指定します。 画像深度24の場合、LabVIEWはこの入力を無視します。画像深度8の場合、配列に256の要素が含まれます。画像深度4の場合、配列に16の要素が含まれます。画像深度1の場合、配列に2の要素が含まれます。
  • 境界—左上隅が(0,0)にある画像の四角形枠を表す座標を含むクラスタです。枠の右下隅には画像が含まれません。
Color16いいえ4ビットのVIアイコンを使用する画像データを指定します。アイコンエディタダイアログボックスでは、アイコンが256色(8ビット)とモノクロ(1ビット)の形式のみで保存されます。この入力を使用してアイコンに4ビットの画像データを指定すると、VIアイコン:画像データとして取得メソッドのColor16出力を使用した場合のみにこのデータを取得できます。
  • 画像タイプ—後の使用のために予約済。
  • 画像深度—画像の各ピクセルを表示するのに使用するビット数である、画像のカラー深度を指定します。有効な値は、1ピクセルあたり148、および、24ビットです。 画像深度は、LabVIEWでの画像およびの値の解釈方法に影響します。
  • 画像—ラスター順で画像にある各ピクセルの色を表すバイトの配列です。画像深度の値は、LabVIEWでのこの入力値の解釈方法を指定します。 画像深度24の場合、各ピクセルは3バイトで色を表示します。各ピクセルの最初のバイトは赤の値、2番目のバイトは緑の値、3番目の値は青の値を示します。

    画像深度8の場合、各ピクセルは1バイトで色を表示します。各ビットの値はの要素に対応します。この色は、赤、緑、青の値が後に続く、最上位バイトがゼロの32ビットRGB値を格納します。

    画像深度4の場合、0から15を含む画像の有効値を除いて、画像深度8の場合と似た動作になります。

    画像深度1の場合、画像の0の値はすべての要素0に対応します。その他のすべての値は、での要素1に対応します。
  • マスク—ピクセルについてマスク情報を記述する各ビットのバイトの配列です。最初のバイトは最初の8ピクセルを表し、2番目のバイトはその次の8ピクセルを表すというようになります。 1ビットが0の場合、LabVIEWでは対応するピクセルを透明として描画します。配列が空の場合、LabVIEWでは透明度なしですべてのピクセルを描画します。画像内の各ピクセルに対して配列に1ビットが含まれない場合、LabVIEWは透明度なしで配列から欠如したピクセルを描画します。
  • 画像の値に対応するRGBカラー値の配列です。画像深度の値は、LabVIEWでのこの入力値の解釈方法を指定します。 画像深度24の場合、LabVIEWはこの入力を無視します。画像深度8の場合、配列に256の要素が含まれます。画像深度4の場合、配列に16の要素が含まれます。画像深度1の場合、配列に2の要素が含まれます。
  • 境界—左上隅が(0,0)にある画像の四角形枠を表す座標を含むクラスタです。枠の右下隅には画像が含まれません。
モノクロいいえ1ビットのアイコンを使用する画像データを指定します。アイコンエディタダイアログボックスでは、アイコンが256色(8ビット)とモノクロ(1ビット)の両方の形式で保存されます。
  • 画像タイプ—後の使用のために予約済。
  • 画像深度—画像の各ピクセルを表示するのに使用するビット数である、画像のカラー深度を指定します。有効な値は、1ピクセルあたり148、および、24ビットです。 画像深度は、LabVIEWでの画像およびの値の解釈方法に影響します。
  • 画像—ラスター順で画像にある各ピクセルの色を表すバイトの配列です。画像深度の値は、LabVIEWでのこの入力値の解釈方法を指定します。 画像深度24の場合、各ピクセルは3バイトで色を表示します。各ピクセルの最初のバイトは赤の値、2番目のバイトは緑の値、3番目の値は青の値を示します。

    画像深度8の場合、各ピクセルは1バイトで色を表示します。各ビットの値はの要素に対応します。この色は、赤、緑、青の値が後に続く、最上位バイトがゼロの32ビットRGB値を格納します。

    画像深度4の場合、0から15を含む画像の有効値を除いて、画像深度8の場合と似た動作になります。

    画像深度1の場合、画像の0の値はすべての要素0に対応します。その他のすべての値は、での要素1に対応します。
  • マスク—ピクセルについてマスク情報を記述する各ビットのバイトの配列です。最初のバイトは最初の8ピクセルを表し、2番目のバイトはその次の8ピクセルを表すというようになります。 1ビットが0の場合、LabVIEWでは対応するピクセルを透明として描画します。配列が空の場合、LabVIEWでは透明度なしですべてのピクセルを描画します。画像内の各ピクセルに対して配列に1ビットが含まれない場合、LabVIEWは透明度なしで配列から欠如したピクセルを描画します。
  • 画像の値に対応するRGBカラー値の配列です。画像深度の値は、LabVIEWでのこの入力値の解釈方法を指定します。 画像深度24の場合、LabVIEWはこの入力を無視します。画像深度8の場合、配列に256の要素が含まれます。画像深度4の場合、配列に16の要素が含まれます。画像深度1の場合、配列に2の要素が含まれます。
  • 境界—左上隅が(0,0)にある画像の四角形枠を表す座標を含むクラスタです。枠の右下隅には画像が含まれません。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要あり
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった