注釈リストプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: AnntList

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: 波形グラフプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

すべての注釈についての情報の配列です。各配列要素は注釈要素のクラスタです。

要素

名前 説明
名前 注釈に関連付けられたプロット領域に表示されるテキストです。
注釈(点、矢印、名前など)の色です。
スタイル 注釈の中心に表示される記号です。ポイントスタイルが適用されます。注釈のショートカットメニューの注釈スタイル項目で左上から右下に表示されるように、有効な値は0~8です。
ポイントスタイル 注釈の中心に表示される記号です。注釈スタイルが適用されます。注釈のショートカットメニューのポイントスタイル項目で左上から右下に表示されるように、有効な値は0~16です。
名前を表示 TRUEの場合、プロット領域に注釈名が表示されます。
ドラッグを許可 TRUEの場合、注釈をドラッグすることができます。
注釈モード プロット領域内で注釈がプロットにスナップする方法を指定します。有効な値は、0(解放)と1(単一プロット)です。
プロット 注釈が関連付けられたプロットです。プロットが-1の場合、注釈はプロット領域のすべてのプロットにスナップします。注釈は、プロット領域内のプロット沿いの最も近くにあるデータポイントへ移動できます。この要素は解放状態の注釈には適用されません。
指標 注釈がスナップするポイントの配列指標です。
位置:X プロット領域の注釈のX座標です。位置:Xは、注釈またはプロットに関連付けられたXスケール値の座標系にあります。
位置:Y プロット領域の注釈のY座標です。位置:Yは、注釈またはプロットに関連付けられたYスケール値の座標系にあります。
Xスケール 注釈に関連付けられたXスケールです。この要素は、解放状態の注釈だけに適用され、位置:Xに対して使用するXスケールを定義します。
Yスケール 注釈に関連付けられたYスケールです。この要素は、解放状態の注釈だけに適用され、位置:Yに対して使用するYスケールを定義します。
矢印を表示 TRUEの場合、注釈名から注釈が付けられたデータポイントを指す矢印を表示します。
名前をロック TRUEの場合、注釈を移動したり、プロット領域をスクロールする際、注釈名がプロット領域で移動しないように、注釈名を単独に位置付けます。
プロット領域 注釈が関連付けられたプロット領域です。この要素は、複数のプロット領域を持つミックスドシグナルグラフにのみ適用されます。
ラベルオフセット:X 注釈に相対するラベルの位置のX座標です。
ラベルオフセット:Y 注釈に相対するラベルの位置のY座標です。

サンプル

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり

サンプル

注釈リストプロパティの使用サンプルは、labview\examples\Controls and Indicators\Graphs and Charts\Graphs - GeneralディレクトリにあるGraph Annotations VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった