VIブロックダイアグラムをレポートに追加 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: VIドキュメントVI

インストールパッケージ: ベース開発システム

VIで指定したVIのブロックダイアグラムの画像を作成し、レポートにこの画像を追加します。 VI入力にデータを配線して自動的に多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。

メモ  「VIブロックダイアグラムをレポートに追加」VIは、スタンドアロンアプリケーションに含めることはできません。

スケールされたダイアグラム画像を取得メソッドを使用して、ブロックダイアグラムの画像をプログラム的に返すこともできます。

プルダウンメニューを使用してこのVIのインスタンスを選択してください。

VIブロックダイアグラムをレポートに追加(パス)

画像形式は、画像をどの形式で保存するかを設定します。

0PNG
1JPEG (デフォルト)
2GIF
非表示フレームがTRUEの場合、ブロックダイアグラムの画像には、各ケースストラクチャ、イベントストラクチャ、スタックシーケンスストラクチャの表示されているすべてのダイアグラム、および各ストラクチャの非表示のサブダイアグラムがすべて含まれます。 FALSE(デフォルト)の場合、画像には表示されているサブダイアグラムのみが含まれます。
レポート入力は、外観、データ、印刷を制御するレポートへのリファレンスです。 「レポートを作成」VIを使用して、このLabVIEWクラスのオブジェクトを生成します。
VIは、レポートに追加する画像を含むVIのパスです。 デフォルトは、サブVIとしてこのVIを含むVIのパスです。
整列は、HTMLレポートの画像の整列を設定します。 (Report Generationツールキット) Microsoft WordレポートではLEFTRIGHT、およびMIDDLEオプションのみが使用可能です。

0(default)ALIGN属性を<IMG>タグに追加しません。
1LEFT
2RIGHT
3TOP
4TEXTTOP
5MIDDLE
6ABSMIDDLE
7BASELINE
8BOTTOM
9ABSBOTTOM
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
順序がTRUEの場合、ブロックダイアグラムの画像には、各ストラクチャのすべてのサブダイアグラム(表示および非表示の両方を含む)が順を追って後に続く、ケースストラクチャ、イベント、スタックシーケンスストラクチャが含まれます。 FALSE(デフォルト)の場合、画像は順序付けされたサブダイアグラムのリストで表示されたサブダイアグラムを繰り返しません。 非表示フレームがFALSEの場合、VIはこの入力を無視します。
MS Officeパラメータ (Report Generationツールキット)は、Word形式またはExcel形式のレポート内で挿入を開始する位置を指定できるようにします。 VIはHTMLレポートのこの入力を無視します。 Wordのブックマーク、Excelの名前付き範囲またはセル座標を指定できます。 レポートタイプをWordに設定してブックマークを指定しないと、挿入はドキュメントの末尾から開始されます。
位置は、Excelワークシート内の挿入を開始する位置を示す行と列の座標です。 Excelの行と列は0を原点とするため、セルA1の座標は(0,0)となります。
には行の指標を指定します。
には列の指標を指定します。
名前は、Microsoft Excelワークシート内の挿入を開始するセルの名前です。
ブックマークは、Wordドキュメントで挿入するブックマーク名です。
レポート出力は、外観、データ、印刷に関して制御するレポートへのリファレンスです。 この出力を他の「レポート生成」VIに配線できます。
VIパス出力は、VIを変更せずに返します。
開始出力 (Report Generationツールキット)は、Microsoft Wordドキュメントの挿入テキストの冒頭の文字指標を表します。 VIはHTMLレポートのこの入力を無視します。
終了出力 (Report Generationツールキット)は、Microsoft Wordドキュメントの挿入テキストの末尾の文字指標を表します。 VIはHTMLレポートのこの入力を無視します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

VIブロックダイアグラムをレポートに追加(refnum)

画像形式は、画像をどの形式で保存するかを設定します。

0PNG
1JPEG (デフォルト)
2GIF
非表示フレームがTRUEの場合、ブロックダイアグラムの画像には、各ケースストラクチャ、イベントストラクチャ、スタックシーケンスストラクチャの表示されているすべてのダイアグラム、および各ストラクチャの非表示のサブダイアグラムがすべて含まれます。 FALSE(デフォルト)の場合、画像には表示されているサブダイアグラムのみが含まれます。
レポート入力は、外観、データ、印刷を制御するレポートへのリファレンスです。 「レポートを作成」VIを使用して、このLabVIEWクラスのオブジェクトを生成します。
VIは、レポートに追加するデータを持つVIへのリファレンスです。 デフォルトは、サブVIとしてこのVIを含むVIのリファレンスです。
整列は、HTMLレポートの画像の整列を設定します。 (Report Generationツールキット) Microsoft WordレポートではLEFTRIGHT、およびMIDDLEオプションのみが使用可能です。

0(default)ALIGN属性を<IMG>タグに追加しません。
1LEFT
2RIGHT
3TOP
4TEXTTOP
5MIDDLE
6ABSMIDDLE
7BASELINE
8BOTTOM
9ABSBOTTOM
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
順序がTRUEの場合、ブロックダイアグラムの画像には、各ストラクチャのすべてのサブダイアグラム(表示および非表示の両方を含む)が順を追って後に続く、ケースストラクチャ、イベント、スタックシーケンスストラクチャが含まれます。 FALSE(デフォルト)の場合、画像は順序付けされたサブダイアグラムのリストで表示されたサブダイアグラムを繰り返しません。 非表示フレームがFALSEの場合、VIはこの入力を無視します。
MS Officeパラメータ (Report Generationツールキット)は、Word形式またはExcel形式のレポート内で挿入を開始する位置を指定できるようにします。 VIはHTMLレポートのこの入力を無視します。 Wordのブックマーク、Excelの名前付き範囲またはセル座標を指定できます。 レポートタイプをWordに設定してブックマークを指定しないと、挿入はドキュメントの末尾から開始されます。
位置は、Excelワークシート内の挿入を開始する位置を示す行と列の座標です。 Excelの行と列は0を原点とするため、セルA1の座標は(0,0)となります。
には行の指標を指定します。
には列の指標を指定します。
名前は、Microsoft Excelワークシート内の挿入を開始するセルの名前です。
ブックマークは、Wordドキュメントで挿入するブックマーク名です。
レポート出力は、外観、データ、印刷に関して制御するレポートへのリファレンスです。 この出力を他の「レポート生成」VIに配線できます。
VI出力は、未変更のVIを返します。
開始出力 (Report Generationツールキット)は、Microsoft Wordドキュメントの挿入テキストの冒頭の文字指標を表します。 VIはHTMLレポートのこの入力を無視します。
終了出力 (Report Generationツールキット)は、Microsoft Wordドキュメントの挿入テキストの末尾の文字指標を表します。 VIはHTMLレポートのこの入力を無視します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

VIブロックダイアグラムをレポートに追加(文字列)

画像形式は、画像をどの形式で保存するかを設定します。

0PNG
1JPEG (デフォルト)
2GIF
非表示フレームがTRUEの場合、ブロックダイアグラムの画像には、各ケースストラクチャ、イベントストラクチャ、スタックシーケンスストラクチャの表示されているすべてのダイアグラム、および各ストラクチャの非表示のサブダイアグラムがすべて含まれます。 FALSE(デフォルト)の場合、画像には表示されているサブダイアグラムのみが含まれます。
レポート入力は、外観、データ、印刷を制御するレポートへのリファレンスです。 「レポートを作成」VIを使用して、このLabVIEWクラスのオブジェクトを生成します。
VIは、レポートに追加するデータを持つVIの名前です。 デフォルトは、サブVIとしてこのVIを含むVIの名前です。 VIはメモリにロードされている必要があります。
整列は、HTMLレポートの画像の整列を設定します。 (Report Generationツールキット) Microsoft WordレポートではLEFTRIGHT、およびMIDDLEオプションのみが使用可能です。

0(default)ALIGN属性を<IMG>タグに追加しません。
1LEFT
2RIGHT
3TOP
4TEXTTOP
5MIDDLE
6ABSMIDDLE
7BASELINE
8BOTTOM
9ABSBOTTOM
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
順序がTRUEの場合、ブロックダイアグラムの画像には、各ストラクチャのすべてのサブダイアグラム(表示および非表示の両方を含む)が順を追って後に続く、ケースストラクチャ、イベント、スタックシーケンスストラクチャが含まれます。 FALSE(デフォルト)の場合、画像は順序付けされたサブダイアグラムのリストで表示されたサブダイアグラムを繰り返しません。 非表示フレームがFALSEの場合、VIはこの入力を無視します。
MS Officeパラメータ (Report Generationツールキット)は、Word形式またはExcel形式のレポート内で挿入を開始する位置を指定できるようにします。 VIはHTMLレポートのこの入力を無視します。 Wordのブックマーク、Excelの名前付き範囲またはセル座標を指定できます。 レポートタイプをWordに設定してブックマークを指定しないと、挿入はドキュメントの末尾から開始されます。
位置は、Excelワークシート内の挿入を開始する位置を示す行と列の座標です。 Excelの行と列は0を原点とするため、セルA1の座標は(0,0)となります。
には行の指標を指定します。
には列の指標を指定します。
名前は、Microsoft Excelワークシート内の挿入を開始するセルの名前です。
ブックマークは、Wordドキュメントで挿入するブックマーク名です。
レポート出力は、外観、データ、印刷に関して制御するレポートへのリファレンスです。 この出力を他の「レポート生成」VIに配線できます。
VI名出力VIを変更せずに返します。
開始出力 (Report Generationツールキット)は、Microsoft Wordドキュメントの挿入テキストの冒頭の文字指標を表します。 VIはHTMLレポートのこの入力を無視します。
終了出力 (Report Generationツールキット)は、Microsoft Wordドキュメントの挿入テキストの末尾の文字指標を表します。 VIはHTMLレポートのこの入力を無視します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった