ライブラリ呼び出しプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: VI スクリプト

ノード»拡張可能な関数から継承されます。 クラス階層を参照してください。

プロパティ説明
エラーチェックレベルライブラリ関数呼び出しノードのエラーレベルを設定または返します。 詳細
ダイナミックライブラリ?ライブラリ関数呼び出しノードを書き込みモードで設定して、指定したライブラリパスで実行します。読み取りモードでは、このプロパティはLabVIEWがライブラリを動的にロードするようにライブラリ関数呼び出しノードを構成するかどうかを返します。 詳細
パラメータ情報関数のパラメータ情報のクラスタの配列を設定または返します。 詳細
ライブラリパスDLLまたはライブラリ関数呼び出しノードが呼び出す共有ライブラリへのパスを指定します。 詳細
関数名ライブラリ関数呼び出しノードが呼び出すように構成する関数の名前を設定または返します。 詳細
呼び出し規約ライブラリの呼び出しに呼び出し規約を使用します。 詳細
出力端子[]リファレンスの1D配列を出力パラメータに返します。 詳細
中断コールバックLabVIEWが呼び出す中断コールバック関数の名前を設定または返します。 詳細
入力端子[]リファレンスの1D配列を入力パラメータに返します。 詳細
任意のスレッド?関数が再入可能かどうかを指定します。 詳細
予約コールバックLabVIEWが呼び出す予約コールバック関数の名前を設定または返します。 詳細
予約解除コールバックLabVIEWが呼び出す予約解除コールバック関数の名前を設定または返します。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった