タイプ定義から更新メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Update Typedef

インストールパッケージ: VI スクリプト

クラス: 制御器メソッド

使用方法: メソッドを作成する

タイプ定義から制御器を更新して、TRUEを返します。制御器がタイプ定義に接続されていない場合、LabVIEWはFALSEを返します。

ほとんどの場合、タイプ定義から更新したときに各インスタンスのデフォルト値は正しく維持されます。しかし、LabVIEWがインスタンスの以前のデフォルト値を、更新された制御器または定数にマップできない場合、プログラム的に更新されたインスタンスのデフォルト値が失われたり、間違った値が維持される場合があります。インスタンスがカスタムデフォルト値をもっており、タイプ定義を大幅に変更する予定の場合は、タイプ定義インスタンスをプログラム的に更新するのは避けてください。

メモ  更新によって制御器のタイプが変更した可能性があるため、更新後に制御器への新規リファレンスを取得します。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった