シェア変数ノードに変更メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Change to Shared Variable Node

インストールパッケージ: VI スクリプト

クラス: 制御器の端子メソッド

使用方法: メソッドを作成する

制御器をシェア変数ノードに変更して、シェア変数ノードへのリファレンスを返します。シェア変数をノードにバインドすることを指定しない場合、LabVIEWは新しいシェア変数を作成します。LabVIEWは自動的に制御器へのリファレンスを閉じます。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
変数プロジェクト項目いいえシェア変数ノードをバインドするシェア変数へのリファレンスを指定します。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードあり
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードあり
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった