データタイプから作成メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Create from Data Type

インストールパッケージ: VI スクリプト

クラス: ダイアグラムメソッド

使用方法: メソッドを作成する

指定したデータタイプの制御器または定数を作成します。LabVIEWは、常に制御器を最初に作成します。新しいオブジェクトのタイプを変更するには、表示器に変更メソッドを使用します。

このメソッドが返すリファレンスを、アプリケーションで使用したい特定のクラスにするために型変換を試みるには、「より特定のクラスに変換」関数を使用します。関数からエラーが返されない場合は、リファレンスが特定のクラスに一致したことを意味します。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
データタイプあり定数の作成に使用するデータタイプ。
位置いいえ定数または制御器を作成する場所を指定します。
新規オブジェクトリファレンスあり作成する定数または制御器へのリファレンス。
名前を固有にするいいえ定数または制御器に固有の名前をつけるかどうかを判断します。 名前を固有にするは、すでに同じ名前を持つ定数または制御器が存在する場合、定数または制御器の名前を変更しません。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードあり
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードあり
リモートアクセス可能いいえ


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった