処理されるイベントを設定メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: SetHandledEvents

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: イベントストラクチャメソッド

使用方法: メソッドを作成する

指定されたフレームまたはイベントケースで処理するように構成されているすべてのイベントを設定します。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
フレーム指標あり指定したい構成済みイベントが含まれているフレームまたはイベントケースの指標を指定します。
スタティックアプリケーション/VIイベントあり指定のイベントケースによって静的に処理されるイベントのアプリケーションまたはVIイベントタイプ、ロッシーキュー制限、およびフロントパネルがイベントケース完了までロックするかどうかを含むクラスタ配列を指定します。
スタティック制御器イベントあり静的に処理される各制御器またはペーンイベントタイプ、関連付けられている制御器のGオブジェクトrefnum、イベントタイプのロッシーキュー制限、およびフロントパネルがイベントケース完了までロックするかどうかを含むクラスタ配列を指定します。
ダイナミックイベントありダイナミックイベントのタイプとダイナミックイベントが登録された順序を含んだクラスタの配列を返します。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードあり
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードあり
リモートアクセス可能あり
ユーザインタフェースがアイドルになるまで待機いいえ
制御VIで使用可能いいえ
グローバルVIで使用可能いいえ
指定タイプ定義で使用可能いいえ
多態性VIで使用可能いいえ


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった