フィードバックノードプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: VI スクリプト

ノードから継承されます。 クラス階層を参照してください。

プロパティ説明
FPGAリセットメソッドを無視FPGA VIがリセットした場合にフィードバックノードが初期化されるかどうかを取得または設定します。TRUEの場合、FPGA VIがリセットした際にこのノードは初期化されません。このノードは、次回FPGA VIをFPGAターゲットにダウンロードしたときに初期化されます。このプロパティはフィードバックノードがFPGAターゲットにデプロイされている場合にのみ適用されます。このプロパティは、フィードバックノードの初期化スタイルがコンパイルまたはロード時に初期化の場合にのみ値がTRUEになります。 詳細
ヘッダ外観フィードバックノードの装飾的な外観を取得または設定します。 詳細
出力端子フィードバックノードの出力端子へのリファレンスを返します。 詳細
初期化Muxの位置VIがFPGAをターゲットとしている場合に、初期化マルチプレクサのコアフィードバックレジスタに対する相対位置を制御します。定数が初期化端子に配線されている場合、マルチプレクサはレジスタの前にしか配置できません。このオプションは、フィードバックノードがグローバル初期化された場合にのみ適用されます。 詳細
初期化タイプ初期化端子を一番内側のループ上に配置します。このメソッドを最初に呼び出す場合、またはループが含まれるVIをコンパイルまたはロードする場合、LabVIEWはノードに端子を配置して適切な初期化モードを設定します。 詳細
初期化指定子のループ初期化指定子が現在、添付されているループのリファレンス(ループがループ上にないか、グローバルに初期化される場合は無効なリファレンス)を取得または設定します。 詳細
初期化指定子はループ上にあるフィードバックノード初期化端子がループ上にあり、VIの最初の呼び出し中で実行中にグローバルに初期化されない場合や、それが属するVIがコンパイルまたはロードする際にTRUEを返します。 詳細
初期化端子フィードバックノード初期化端子へのリファレンスを返します。 詳細
遅延フィードバックノード遅延の値を取得または設定します。遅延が1以下の場合、LabVIEWはエラーを返します。 詳細
入力端子フィードバックノードの入力端子へのリファレンスを返します。フィードバックノードの入力端子は、次回VIを実行するノードに出力値を提供します。 詳細
方向フィードバックノードが向いている方向を取得および設定します。 詳細
有効化端子表示フィードバックノード有効化端子が表示されるかどうかを取得または設定します。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった