Forループプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: VI スクリプト

ノード»ストラクチャ»ループから継承されます。 クラス階層を参照してください。

プロパティ説明
Trueの場合停止?TRUEをループの終了端子に配線した場合にForループが停止するかどうかを指定します。 詳細
スタティック並列インスタンスの数並列ループ反復を実行するために使用するループインスタンスの数を指定します。 詳細
ダイナミック並列インスタンストンネルForループの並列インスタンスの任意の数のトンネルにリファレンスを返します。 詳細
チャンクサイズトンネルForループのチャンクサイズ(C)端子にリファレンスを返します。 詳細
デバッグ許可?TRUEの場合、Forループ内でのデバッグを許可するには、ループの反復が順番に実行されるように設定します。FALSEの場合、Forループでデバッグは許可されません。 詳細
ループカウントループカウントへのリファレンスを返します。 詳細
ループ終了RefForループの終了端子へのリファレンスを返します。 詳細
条件端子あり?このプロパティをTRUEに設定した場合、条件端子を作成します。すでに条件端子が存在する場合、このプロパティは何もせずエラーを返します。このプロパティをFALSEに設定した場合、このプロパティは条件端子を削除し、不良ワイヤが残る可能性があります。条件端子が存在していない場合は、このプロパティは何もせずエラーも返しません。 詳細
並列スケジュール並列処理を有効にした際にForループの並列ループ反復のスケジュールを設定します。 詳細
並列化を有効?TRUEの場合、このプロパティは並列ループの反復を有効にします。並列ループ反復がすでに有効になっている場合、このプロパティは何もせず、LabVIEWはエラーを返しません。FALSEの場合は、このプロパティは並列ループの反復を無効にし、ワイヤが壊れることがあります。並列ループ反復がすでに無効になっている場合、このプロパティは何もせず、LabVIEWはエラーを返しません。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった