InPlace配列ノードプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: VI スクリプト

ノード»InPlace境界ノードから継承されます。 クラス階層を参照してください。

プロパティ説明
指標カウント配列指標/要素を置換境界ノードに含まれる指標入力の数を取得または設定します。入力の数を書き込む際に、このプロパティは指定する指標の数に対応するように境界ノードを大きくします。 詳細
指標端子[][]配列指標/要素を置換境界ノードの指標端子へのリファレンスの配列を返します。 詳細
出力端子[]配列指標/要素を置換境界ノード上の出力へのリファレンスの配列を返します。 詳細
端子の高さIn Place要素ストラクチャで拡張可能境界ノードの各端子の高さをピクセル単位で返します。 詳細
配列入力端子配列指標/要素を置換境界ノードの配列入力へのリファレンスを返します。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった