ソートキープロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: SortKey

インストールパッケージ: VI スクリプト

クラス: LVクラスプロパティ定義フォルダプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

LabVIEWクラスプロパティ定義フォルダの並べ替え順序を取得または設定します。プロパティは、通常長い名前によってソートされますが、このプロパティを使用してLabVIEWクラスプロパティの順序を変更できます。0以上のソートキーが指定されたプロパティは、ソートキーに従って昇順でソートされます。同じソートキーが指定された複数のプロパティは、長い名前の順でソートされます。ソートキー-1が指定されたプロパティは、プロパティリストの最後に長い名前の順で配置されます。デフォルトのソートキーは-1です。 負ではない数のソートキーを設定したプロパティは、プロパティリストの冒頭に移動し、その他のプロパティに変更はありません。ソートキー-1を設定したプロパティは、他の通常どおりソートされたプロパティの間に通常どおりソートされます。 プロパティは常にクラス内でソートされます。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった