1つまたは複数のワイヤで接続メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Connect Wires

インストールパッケージ: VI スクリプト

クラス: ノードメソッド

使用方法: メソッドを作成する

ワイヤをノードに接続します。配線ソースは別のノードまたは端子のいずれかです。自動配線はソースがノードの場合のみに適用されます。自動配線がTRUEの場合、ノードの端子に配線されるソースノードから自動的に互換性のある端子を選択します。配線仕様は、ソース名およびシンク端子ペアを指定する2D文字列の配列です。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
配線ソースありワイヤの元のソース。
自動配線?(T)いいえTRUEの場合、互換性のあるソース端子がソースノードから自動的に選択されます。 ソースがノードの場合にのみ自動配線を使用できます。
配線仕様いいえソース名およびシンク端子ペアを指定する2D文字列の配列。 ソースがノードの場合にのみ配線仕様を使用できます。
自動経路設定?(F)いいえTRUEの場合、ワイヤの最適な経路が設定されます。デフォルトはFALSEです。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった