サブVIプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: VI スクリプト

ノードから継承されます。 クラス階層を参照してください。

プロパティ説明
VIパスサブVIファイルへのパスです。 詳細
VIリファレンスVIへのリファレンスを返します。 詳細
VI名サブVIファイルの名前。 詳細
アイコンとして表示TRUEの場合、サブVIはアイコンとして表示されます。FALSEの場合、サブVIは拡張可能ノードとして表示されます。 詳細
サブVI設定:ロードされたらフロントパネルを開くサブVIをロードした際にフロントパネルを表示するかどうかを指定します。 詳細
サブVI設定:呼び出されたらフロントパネルを表示サブVIを呼び出した際にフロントパネルを表示するかどうかを指定します。 詳細
サブVI設定:呼び出されたら中断VIをサブVIとして呼び出すときに、LabVIEWがそのVIの実行を中断するかどうかを示します。 詳細
サブVI設定:呼び出し後にフロントパネルを閉じるサブVIの実行後にフロントパネルを閉じるかどうかを指定します。 詳細
ビジー状態のサブルーチンの呼び出しをスキップサブルーチンが現在別のスレッドで実行されている場合は呼び出しをスキップします。 詳細
端子を拡大端子の拡大を設定または返します。 詳細
端子表示?サブVIの端子が表示されるかどうかを示します。 詳細
不正なサブVIへのリンクコネクタペーンが変更されたために参照されているサブVIの再リンクが必要かどうかを返します。このプロパティがTRUEのときは、サブVIに再連結ショートカットメニューオプションが有効になります。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった