端子メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: VI スクリプト

クラス階層を参照してください。

メソッド説明
シェア変数ノードを作成端子からシェア変数ノードを作成して、シェア変数ノードへのリファレンスを返します。新しいシェア変数ノードに変数のプロジェクト項目をリンクできます。 詳細
ワイヤを接続端子にワイヤを接続します。配線ソースは別の端子またはノードのいずれかです。 詳細
記載されている配線を作成端子にワイヤを接続します。配線ソースは別の端子のみです。 詳細
制御器を作成端子に制御器を作成して、端子へのリファレンスを返します。制御器のオプションの値を指定できます。 詳細
定数を作成端子に定数を作成して、端子へのリファレンスを返します。定数のオプションの値を指定できます。 詳細
表示器を作成端子に表示器を作成して、端子へのリファレンスを返します。表示器のオプションの値を指定できます。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった