選択したオブジェクトを移動メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: Move Selected Objects

インストールパッケージ: VI スクリプト

クラス: トップレベルダイアグラムプメソッド

使用方法: メソッドを作成する

このトップレベルダイアグラム内にX/Yデルタで指定した数のピクセルで選択したオブジェクトを移動します。このメソッドはマウスドラッグのシミュレーションを行い、ドラッグしたオブジェクトを含めるように所有者のサイズを変更したり、ドラッグで複製されたオブジェクトを含めるように選択リストを変更、オブジェクトを別のブロックダイアグラムに移動する際に複製ドラッグを強制など、開発環境でのマウスドラッグに関連する同じ効果があります。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
X/Y デルタいいえ選択したオブジェクトをXYで指定したピクセル数で移動します。
新規所有者いいえこのパラメータ内で指定されたオブジェクトにすべてが所有されるようにオブジェクトを移動します。このパラメータで新しい所有者を指定しない場合、すべてのオブジェクトは現在の所有者内にとどまります。
複製?いいえ移動したオブジェクトのコピーを作成します。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能あり (読み取り/書き込み)
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードあり
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードあり
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった