選択範囲を包囲2メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: EncloseSelection2

インストールパッケージ: VI スクリプト

クラス: トップレベルダイアグラムプメソッド

使用方法: メソッドを作成する

ストラクチャのブロックダイアグラムで選択した項目を囲みます。このプロパティを使用してループをドロップしたとき、LabVIEWは、できるだけ壊れるワイヤが少なくなるようにトンネルを作成し、適切な場合は、シフトレジスタを作成します。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
包囲タイプあり選択項目を囲うために使用するストラクチャのタイプを指定します。 この入力は、既存のストラクチャへの有効なリファレンスでなければなりません。ただし、このリファレンス先となるストラクチャは、他のVIや、囲む項目とは別のブロックダイアグラムに位置していても構いません。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ
ランタイムエンジンで使用可能あり (読み取り/書き込み)
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能いいえ


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった