トップレベルダイアグラムプメソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: VI スクリプト

クラス階層を参照してください。

メソッド説明
オブジェクトを選択指定したブロックダイアグラムオブジェクトを選択し、そのほかのすべてのブロックダイアログオブジェクトの選択を解除します。 詳細
境界を指定して選択ユーザがブロックダイアグラムの所定の領域ですべてのオブジェクトを選択することを可能にします。 詳細
選択したオブジェクトを移動このトップレベルダイアグラム内にX/Yデルタで指定した数のピクセルで選択したオブジェクトを移動します。このメソッドはマウスドラッグのシミュレーションを行い、ドラッグしたオブジェクトを含めるように所有者のサイズを変更したり、ドラッグで複製されたオブジェクトを含めるように選択リストを変更、オブジェクトを別のブロックダイアグラムに移動する際に複製ドラッグを強制など、開発環境でのマウスドラッグに関連する同じ効果があります。 詳細
選択範囲から削除選択リストから選択したオブジェクトのセットを削除します。 詳細
選択範囲をクリア選択リストをクリアします。 詳細
選択範囲をコピー選択したオブジェクトをクリップボードにコピーします。 詳細
選択範囲を均等に整列選択したオブジェクトを配置します。 詳細
選択範囲を最前面へ移動選択したオブジェクトをz平面順序の最前面に移動します。 詳細
選択範囲を最背面へ移動選択したオブジェクトをz平面順序の最背面に移動します。 詳細
選択範囲を整列選択したオブジェクトを整列します。 詳細
選択範囲を切り取り選択したオブジェクトを削除します。 詳細
選択範囲を前面へ移動選択したオブジェクトをz平面順序の前方向に1つ移動します。 詳細
選択範囲を背面へ移動選択したオブジェクトをz平面順序の後ろ方向に1つ移動します。 詳細
選択範囲を包囲2ストラクチャのブロックダイアグラムで選択した項目を囲みます。このプロパティを使用してループをドロップしたとき、LabVIEWは、できるだけ壊れるワイヤが少なくなるようにトンネルを作成し、適切な場合は、シフトレジスタを作成します。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった