コンパイル:コードの複雑度プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: Compiled.CodeComplexity

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: VIプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

オプションダイアログボックスの環境ページにあるコンパイラ最適化スライダで使用する、リファレンスVIの複雑度を返します。これらの2つの値を比較して、このVIのコンパイル時にエディタの応答性と実行速度のどちらを優先するか決定することができます。

このプロパティを使用して、VIプロパティダイアログボックスのメモリ使用ページのコンパイルコードの複雑度フィールドにプログラム的にアクセスできます。

メモ  このプロパティの値は、将来的にLabVIEWの新バージョンで変更される可能性があります。

発生する可能性のあるエラー

リファレンスVIがこれまで一度もコンパイルされていない場合、このプロパティはエラー1000を返します。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り専用
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり
ユーザインタフェースがアイドルになるまで待機いいえ
制御VIで使用可能いいえ
グローバルVIで使用可能いいえ
指定タイプ定義で使用可能いいえ
多態性VIで使用可能いいえ


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった