コネクタペーン:設定プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: ConPane.SetConPane

インストールパッケージ: VI スクリプト

クラス: VIプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

VIのコネクタペーンを、VIリファレンス入力のコネクタペーンと一致するように設定します。

このプロパティで、既存のVIのコネクタペーンVIに一致するように動的にVIのコネクタペーンを構成できます。2つのVIは、一致するデータタイプと名前で、同じ数のパラメータを持つ必要があります。一致しない場合、プロパティノードはエラーを返します。「VIリファレンスを開く」関数で、両方のVIに対するリファレンスを開き、それらのリファレンスをプロパティノードとコネクタペーン:設定プロパティ入力に配線します。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限書き込み専用
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードあり
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり
ユーザインタフェースがアイドルになるまで待機あり
制御VIで使用可能いいえ
グローバルVIで使用可能いいえ
指定タイプ定義で使用可能いいえ
多態性VIで使用可能いいえ


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった