ノードを挿入メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Insert Node

インストールパッケージ: VI スクリプト

クラス: ワイヤメソッド

使用方法: メソッドを作成する

ワイヤに新規ノードを挿入して、ノードへのリファレンスを返します。新規ノードを指定する場合、スタイルまたはパスのみを使用して、両方は使用しません。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
スタイルいいえ標準関数を挿入するよう指定します。
パスいいえサブVIへのパスを指定します。
パレット文字列いいえパレット上のオブジェクトの名前を指定します。
メモ  パレット上のオブジェクトのパレット文字列は、LabVIEWの英語版と各ローカライズ版で異なります。また、パレット文字列はLabVIEWの異なるバージョンで変化する場合があります。
挿入点いいえワイヤ座標を示す水平と垂直のポイントのクラスタ。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった