データストレージ&転送関数

1つ上のパレット: FPGAモジュールVIおよび関数

インストールパッケージ: FPGAモジュール。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

このパレット上の関数を使用して、メモリまたは転送データにアクセスします。

メモ  これはFPGAターゲット固有のパレットです。

このパレットのVIと関数は、LabVIEWの一般エラーコード、特定のFPGAモジュールエラーコード、FPGAターゲット固有のエラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
FIFOメソッドノードFPGA VIにFIFOメソッドを呼び出します。 メソッドを指定する前に、まずFIFOを指定する必要があります。 使用できるメソッドは、FPGAターゲットとFIFOのタイプに応じて異なります。
FIFO定数ブロックダイアグラムでFIFOを指定するには、FIFO項目を使用します。
VI定義FIFO構成VI定義FIFOを表します。 ノードを右クリックして構成を選択し、VI定義FIFOを構成します。
VI定義ハンドシェイク構成VI定義ハンドシェイク項目を表します。 ノードを右クリックして構成を選択し、VI定義ハンドシェイク項目を構成します。 VI定義ハンドシェイク項目を使用して再入可能サブVIを作成し、リソースの競合を回避します。
VI定義メモリ構成VI定義メモリ項目を表します。 ノードを右クリックして構成を選択し、VI定義メモリ項目を構成します。
VI定義レジスタ構成VI定義レジスタ項目を表します。 ノードを右クリックして構成を選択し、VI定義レジスタ項目を構成します。
ハンドシェイクメソッドノードFPGA VIにハンドシェイクメソッドを呼び出します。

メソッドを指定する前に、まずハンドシェイク項目を指定する必要があります。
ハンドシェイク定数ブロックダイアグラムでハンドシェイク項目を指定するには、ハンドシェイク定数を使用します。
メモリメソッドノードFPGAのメモリブロックでメモリをインボークします。 使用可能なメソッドは、構成するメモリのタイプにより異なります。

メソッドを指定する前に、まずメモリ項目を指定する必要があります。
メモリ定数ブロックダイアグラムでメモリ項目を指定するには、メモリ定数を使用します。
レジスタメソッドノードFPGAのレジスタ項目でメソッドをインボークします。

メソッドを指定する前に、まずレジスタ項目を指定する必要があります。 メソッドは書き込みと読み取りです。
レジスタ定数ブロックダイアグラムでレジスタ項目を指定するには、レジスタ定数を使用します。


「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった