FPGAビルド仕様を設定する (FPGAモジュール)

FPGA VIをFPGAアプリケーションにコンパイルする前に、ビルド仕様を作成する必要があります。LabVIEWは、ユーザが設定するビルドオプションを使用して、ブロックダイアグラムからHDLとビットファイルを生成します。

プロジェクトエクスプローラウィンドウでFPGAターゲットの下にあるビルド仕様を右クリックし、以下のオプションから選択します。ビルド仕様に使用可能なオプションは、特定のFPGAターゲットによって異なります。

  • ビルド―前回VIをコンパイルした後にFPGA VIまたはビルド仕様が変更された場合のみ、中間ファイルを生成します。その場合、このコマンドはVIをコンパイルします。
  • 再ビルド―FPGA VIまたはビルド仕様が変更されたかどうかに関わらず、中間ファイルを生成し、その後にVIをコンパイルします。
  • リソース使用量を見積もる―Xilinxツールを使用して、コンパイルせずにFPGAリソース使用量を見積もります。生成されたコードの署名が最新でない場合、このコマンドは最初に中間ファイルを生成し、その後にリソース使用量を見積もります。このオプションが使用できるかどうかは、特定のFPGAターゲットによって異なります。
  • 署名を確認―ビットファイルが最新であるかどうかを判断します。ビットファイルが存在しない場合、コマンドは生成されたコードの署名を確認します。
  • 中間ファイルを生成―VIをコンパイルせずに中間ファイルを生成します。中間ファイルを生成することで、特定のコード生成エラーを検出できます。
  • コンパイルの結果を表示コンパイルステータスウィンドウを表示します。コンパイルステータスウィンドウを表示するためには、ビルド仕様を一度ビルドする必要があります。
メモ メモ  プロジェクトエクスプローラウィンドウで各ビルド仕様を選択し、ビルドを選択することで、複数のビルド仕様を同時に作成することができます。.

デフォルトビルド仕様を指定する

デフォルトビルド仕様は、ユーザが実行ボタンを押した時に使用されるビルド仕様で、これに基づいてFPGAアプリケーションのコンパイルと実行が行われます。対応するVIのビルド仕様が作成されていない状態で実行ボタンをクリックすると、デフォルトビルド仕様の作成と指定が自動的に行われます。

デフォルトのビルド仕様を指定するには、コンパイルプロパティダイアログボックスのソースファイルページでデフォルトビルド仕様に設定チェックボックスをオンにします。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった