ライン属性(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

MathScript RTモジュールのライン属性を使用して、LabVIEW MathScriptプロットのラインオブジェクトの外観を変更します。MathScriptはプロットでデータポイントを接続することでラインを表示します。新しいラインオブジェクトを作成して返すには、lineloglogplotplot3dsemilog_xsemilog_yのうちいずれかのMathScript RTモジュール関数を使用します。

詳細

サンプル

特性

以下の表は、MathScript RTモジュールのライン属性およびその特性をリストします。

属性名説明可能な値権限
'Color'プロットラインの色を指定します。デフォルト値は[0, 0, 1]、または青です。色属性読み取り/書き込み
'LineStyle' プロットラインのスタイルを指定します。
  • '-' (デフォルト)―実線を使用します。
  • '--'―破線を使用します。
  • ':'―点線を使用します。
  • '-.'―破線と点を使用します。
読み取り/書き込み
'LineWidth'プロットラインの幅を指定します。有効な値の範囲は0~5、デフォルト値は1です。整数読み取り/書き込み
'Marker'プロットラインのスタイルを指定します。
  • 'none' (デフォルト)―ポイントを表示しません。
  • '.'―ポイントを点で示します。
  • 'o'―ポイントを円で示します。
  • 'x'―ポイントを十字で示します。
  • '+'―ポイントをプラス記号で示します。
  • '*'―ポイントをアステリスクで示します。
  • '.'―ポイントを点で示します。
  • 'd'―ポイントをひし形で示します。
読み取り/書き込み
'MarkerSize'ポイントのサイズを指定します。有効な値の範囲は0~5、デフォルト値は1です。整数読み取り/書き込み
'Type'オブジェクトのタイプを返します。可能なタイプには、 プロット領域プロットウィンドウテキストなどがあります。文字列読み取り専用
'Visible'プロットラインを表示するかどうかを指定します。
  • 'off'
  • 'on' (デフォルト)
読み取り/書き込み
'XData'データのx座標を指定します。デフォルト値は空の文字列です。配列読み取り/書き込み
'YData'データのy座標を指定します。デフォルト値は空の文字列です。配列読み取り/書き込み
'ZData'データのz座標を指定します。デフォルト値は空の文字列です。配列読み取り/書き込み

以下は、指定された場合に無視されるMathScript RTモジュールライン属性のリストです。

属性名説明可能な値権限
'EraseMode'ラインの削除の仕方を指定します。
  • 'normal'(デフォルト)
  • 'none'
  • 'xor'
  • 'background'
読み取り/書き込み

詳細

RGB tripleまたは文字列を使用して、有効な色の属性を指定します。RGB tripleは、色の赤、緑、青の要素の輝度を指定する3つの値です。配列の各要素は[0, 1]の範囲内である必要があります。文字列を指定する場合、色の属性は以下の値を受け入れます。

'b'
'c'シアン
'g'
'k'
'm'マゼンタ
'r'
'w'
'y'

サンプル

X = 1:10;
loglog(2.^X, 3.^X, 'Color', 'm', 'Marker', 's', 'MarkerSize', 4)

X = sin(0:0.1:100);
obj = plot(X, 'Color', [0.8, 0, 0.8])
set (obj, 'LineStyle', ':')

t = 0:0.1:2*pi;
obj = plot(t(1), sin(t(1)));
hold on
obj1 = plot(t(1), sin(t(1)), 'ro');
axis([0, 2*pi, -1, 1])
for i = 2:length(t);
     xx = get(obj, 'XData');
     yy = get(obj, 'YData');
     set(obj, 'XData', [xx, t(i)], 'YData', [yy, sin(t(i))]);
     set(obj1, 'XData', t(i), 'YData', sin(t(i)));
end



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった