プロットウィンドウ属性(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

MathScript RTモジュールのプロットウィンドウの属性を使用して、LabVIEW MathScriptプロットのプロットウィンドウオブジェクトの外観を変更します。プロットウィンドウオブジェクトはメニューバー、ショートカットメニュー、プロット領域などのプロットウィンドウを構成するオブジェクトです。新規プロットウィンドウオブジェクトを作成または現在のプロットウィンドウのオブジェクトを返すには、clfigfigureref_plotwinのMathScript RTモジュール関数を使用します。

詳細

サンプル

特性

以下の表は、MathScript RTモジュールのプロットウィンドウ属性およびその特性をリストします。

属性名説明可能な値権限
'Color' プロットウィンドウの色を指定します。デフォルトはシステムのデフォルトの色です。 色属性 読み取り/書き込み
'CurrentAxes' プロットウィンドウの現在のプロット領域を返します。 プロット領域オブジェクト 読み取り専用
'Name' プロットウィンドウのタイトルバーに表示される文字列を指定します。デフォルトは空の文字列です。 文字列 読み取り/書き込み
'NextPlot' プロットウィンドウに新規プロットをどのように追加するかを指定します。
  • 'add'―現在のプロットウィンドウに新規プロットを追加します。
  • 'new'―新規プロットウィンドウに新規プロットを生成します。
  • 'replace' (デフォルト)―現在のプロットウィンドウのプロットを置換します。新規プロットは、既存のプロットを上書きします。
読み取り/書き込み
'NumberTitle'プロットウィンドウのタイトルバーのプロット番号を表示するかどうかを指定します。
  • 'off'
  • 'on' (デフォルト)
読み取り/書き込み
'Position'プロットウィンドウの位置を指定します。最初と2番目の値は、画面の左下隅からプロットウィンドウの左隅の水平および垂直距離を指定します。3番目および4番目の値は、プロットウィンドウの幅と高さを指定します。位置はピクセル単位で指定されます。デフォルト値は空の文字列です。4つの値の配列読み取り/書き込み
'Resize'プロットウィンドウのサイズを変更するかどうかを指定します。
  • 'off'
  • 'on' (デフォルト)
読み取り/書き込み
'Type'オブジェクトのタイプを返します。可能なタイプには、ラインプロット領域、プロットウィンドウ、テキストオブジェクトなどがあります。文字列読み取り専用
'Visible'プロットウィンドウを表示するかどうかを指定します。
  • 'off'
  • 'on' (デフォルト)
読み取り/書き込み

詳細

RGB tripleまたは文字列を使用して、有効な色の属性を指定します。RGB tripleは、色の赤、緑、青の要素の輝度を指定する3つの値です。配列の各要素は[0, 1]の範囲内である必要があります。文字列を指定する場合、色の属性は以下の値を受け入れます。

'b'
'c'シアン
'g'
'k'
'm'マゼンタ
'r'
'w'
'y'

サンプル

obj = figure;
set(obj, 'Color', 'g', 'Name', 'My MathScript Plot', 'NumberTitle', 'off')

obj = figure('Color', 'c')
X = [0:0.1:10];
Y = sin(X);
plot(Y)

obj = figure;
A = 0:.1:50;
B = cos(A);
plot(B)
set(obj, 'NextPlot', 'new')
X = [0:0.01:1];
Y = X.*X;
plot(X, Y, 'rx-')

t = 0:0.1:2*pi;
obj1 = figure('Position', [10, 100, 500, 400]);
plot(t, sin(t));
obj2 = figure;
plot(t, cos(t));
p = get(obj1, 'Position');
set(obj2, 'Position', [p(1) + p(3), p(2), p(3), p(4)]);



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった