テキスト属性(MathScript RTモジュール)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

MathScript RTモジュールのテキスト属性を使用して、LabVIEW MathScriptプロットのテキストオブジェクトの外観を変更します。テキストオブジェクトにはテキスト文字列、スケールラベル、プロットタイトルが含まれます。新しいテキストオブジェクトを作成して返すには、以下のMathScript RTモジュール関数を使用します。texttitlexlabel、またはylabel

詳細

サンプル

特性

以下の表は、MathScript RTモジュールのテキスト属性およびその特性をリストします。

属性名説明可能な値権限
'BackgroundColor'テキスト領域の背景色を指定します。デフォルトは背景色です。色属性読み取り/書き込み
'Color'テキストの色を指定します。デフォルト値は [0, 0, 0]です、色属性読み取り/書き込み
'EdgeColor'テキスト領域の枠の色を指定します。デフォルトは枠なしの色です。色属性読み取り/書き込み
'FontAngle'テキストが斜体かどうかを指定します。
  • 'italic'
  • 'normal' (デフォルト)
読み取り/書き込み
'FontName'テキストのフォント名を指定します。デフォルトは'App Font'です。文字列読み取り/書き込み
'FontSize'テキストのフォントサイズを指定します。デフォルトは13です。整数読み取り/書き込み
'FontWeight'テキストが太字かどうかを指定します。
  • 'bold'
  • 'normal' (デフォルト)
読み取り/書き込み
'HorizontalAlignment'テキストの水平整列を指定します。
  • 'center'
  • 'left' (デフォルト)
  • 'right'
読み取り/書き込み
'Position'テキストの位置を指定します。最初と2番目の値は、テキストのx座標とy座標を指定します。デフォルト値は空の文字列です。2つの値の配列読み取り/書き込み
'String'テキスト文字列を指定します。デフォルトは空の文字列です。文字列読み取り/書き込み
'Type'オブジェクトのタイプを返します。可能なタイプには、ラインプロット領域プロットウィンドウ、テキストオブジェクトなどがあります。文字列読み取り専用
'VerticalAlignment'テキストの垂直整列を指定します。
  • 'baseline'―y座標の位置とテキストの下辺を整列します。
  • 'bottom'―y座標の位置とテキストの周りのフレームの下辺を整列します。
  • 'cap'―y座標の位置とテキストの上辺を整列します。
  • 'middle' (デフォルト)―y座標の位置とテキストの中央を整列します。
  • 'top'―y座標の位置とテキストの周りのフレームの上辺を整列します。
読み取り/書き込み
'Visible'テキストを表示するかどうかを指定します。
  • 'off'
  • 'on' (デフォルト)
読み取り/書き込み

詳細

RGB tripleまたは文字列を使用して、有効な色の属性を指定します。RGB tripleは、色の赤、緑、青の要素の輝度を指定する3つの値です。配列の各要素は[0, 1]の範囲内である必要があります。文字列を指定する場合、色の属性は以下の値を受け入れます。

'b'
'c'シアン
'g'
'k'
'm'マゼンタ
'r'
'w'
'y'

サンプル

t = 0:0.1:2*pi;
plot(t, sin(t));
obj = title('sin(t)', 'FontSize', 16);
xlabel('t');
ylabel('sin(t)');
s = get(obj, 'FontSize');
set(get(ref_plotarea, 'XLabel'), 'FontSize', s);
set(get(ref_plotarea, 'YLabel'), 'FontSize', s);



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった