aowf(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: daq

要件:MathScript RTモジュール (Windows, Linux)

構文

aowf(device, channels, rate, data)

aowf(device, channels, rate, data, limits)

error = aowf(device, channels, rate, data)

error = aowf(device, channels, rate, data, limits)

説明

指定されたデバイスの特定のチャンネルに対して、タイミングが指定された簡易バッファ波形を生成します。

サンプル

入力

名前 説明
device デバイス名を指定します。 deviceは文字列です。
channels 波形を生成するチャンネルを指定します。 channelsは正の整数のベクトルです。
rate 各チャンネルで秒ごとに生成するサンプル数を指定します。
data 各チャンネルでの波形の生成に使用するデータを指定します。 dataは実行列です。dataの各行はチャンネルに一致します。
limits 生成する信号値の予想最大値と予想最小値を指定します。limitsは2要素で構成されるベクトルで、[最小値, 最大値]の構文で表されます。デフォルトは[-10, 10]です。

出力

名前 説明
error データ集録タスクが正常に完了すると0を返します。それ以外の場合、この関数は-1を返します。errorはスカラです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

DEVICE = 'Dev1';
CHANNELS = [0, 1];
RATE = 1;
DATA = [1, 2, 3, 4; 5, 6, 7, 8];
aowf(DEVICE, CHANNELS, RATE, DATA)

関連項目

aich
aiwf
aoch
dioread
diowrite



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった