buffermx(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: spectral analysis

要件:MathScript RTモジュール

構文

Y = buffermx(x, n)

Y = buffermx(x, n, p)

Y = buffermx(x, n, p, option)

[Y, R] = buffermx(x, n)

[Y, R] = buffermx(x, n, p)

[Y, R] = buffermx(x, n, p, option)

[Y, R, L] = buffermx(x, n)

[Y, R, L] = buffermx(x, n, p)

[Y, R, L] = buffermx(x, n, p, option)

従来名: buffer

説明

入力ベクトルを行列にサイズ変更します。

サンプル

入力

名前 説明
x サイズ変更する入力ベクトルを指定します。xは実数ベクトルまたは複素ベクトルです。
n Yの各列にあるデータ要素数を指定します。
p 隣接した列間でオーバラップの長さを指定します。pが0より大きくnより小さい場合、隣接した列間のオーバラップはpの要素と等しくなります。pが0より小さい場合、隣接した列間の-pの要素をスキップします。np以下の場合、エラーを返します。
option 行列のサイズ変更に使用するオプションを指定します。pが0より大きく、 nより小さい場合、option'nodelay'、または入力ベクトルxの冒頭に挿入するp要素のベクトルになります。option'nodelay'の場合、xの冒頭に値は挿入されません。pが0より小さい場合、optionは、行列が構築される前にxの最初から削除する要素数を指定します。

出力

名前 説明
Y 出力行列を返します。xに十分な要素がない場合、Yの最後の列をゼロでパッドします。
R Yの最後の列を完全に構成するには十分な要素がない場合、残差ベクトルを返します。
L 残差ベクトルRで要素に関する情報を返します。pが0より大きい場合、Lは、ゼロでパッドしなかったRにあるサンプルを含むベクトルになります。pが0より小さく、Rが空の場合、Lは、n - pの長さで完全な列を形成するために必要な要素数を示すスカラです。nが 0より小さく、Rが空の場合、Lは0に等しくなります。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

x = 1:20;
Y = buffermx(x, 4);
[Y, R] = buffermx(x, 5, -3);
[Y, R, L] = buffermx(x, 3, 2, [21, 21]);

関連項目

reshapemx



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった