chirp(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: waveform generation

要件:MathScript RTモジュール

構文

h = chirp(a)

h = chirp(a, b)

h = chirp(a, b, c)

h = chirp(a, b, c, d)

h = chirp(a, b, c, d, e)

h = chirp(a, b, c, d, e, f)

h = chirp(a, b, c, d, e, f, g)

説明

スイープ周波数の余弦波を生成します。

サンプル

入力

名前 説明
a サンプリング時間を指定します。aは実数配列です。
b t = 0のときのチャープ波の開始周波数を指定します。bは正の実数です。デフォルトは0です。
c 時間ポイントを指定します。cは、正の数です。デフォルトは1です。
d t = cのときのチャープ波の終了周波数を指定します。dは正の実数です。デフォルトは100です。
e 代替のスイープ方法を指定します。e'linear''quadratic''logarithmic'のいずれかの文字列です。デフォルトは'linear'です。'logarithmic'を指定する場合、dbより大きくなければなりません。
f 初期位相を度で指定します。は実数です。デフォルトは0です。
g 'quadratic'を指定する際は、g入力も指定できます。gは以下の値を取る文字列です。

'concave' chirpは、スペクトログラムが正の周波数軸で凹状の放射線である2次スイープ周波数信号のサンプルを生成します。
'convex' chirpは、スペクトログラムが正の周波数軸で凸状の放射線である2次スイープ周波数信号のサンプルを生成します。

出力

名前 説明
h サンプリングされたスイープ周波数の余弦波を返します。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

X = 0:0.01:2;
Y = chirp(X, 100, 1, 200, 'quadratic');
plot(X, Y)

関連項目

dirichlet
gaussmonopulse
gausspulse
pulsetrain
rectpulse
sawtooth
sinc
square
tripulse
vco



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった