clfig(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

clfig

obj = clfig

従来名: clf

説明

現在のプロットウィンドウをクリアします。プロットウィンドウがない場合は、clfigは新しいプロットウィンドウを作成します。

サンプル

出力

名前 説明
obj リファレンスを現在のプロットウィンドウに戻します。objは、プロットウィンドウのリファレンスです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(エラーが返される、または無視される)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

clfig
X = 0:1:10;
plot(X);

plot(sin(1:10));
obj1 = clfig;
set(obj1, 'Position', [200, 350, 300, 300]);
obj2 = figure;
p = get(obj1, 'Position');
set(obj2, 'Position', [p(1) + p(3), p(2), p(3), p(4)]);

関連項目

axes
figure
plot
showplot



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった