contour(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

contour(z)

contour(z, n)

contour(z, h)

contour(x, y, z)

contour(x, y, z, n)

contour(x, y, z, h)

[c, obj] = contour(z)

[c, obj] = contour(z, n)

[c, obj] = contour(z, h)

[c, obj] = contour(x, y, z)

[c, obj] = contour(x, y, z, n)

[c, obj] = contour(x, y, z, h)

説明

等高線プロットを生成します。

サンプル

入力

名前 説明
x x平面に相対するzからの曲面を指定します。 xは実行列または実数ベクトルです。Xがベクトルの場合、Xの長さはzの列数と等しくなければなりません。xが行列の場合、xzとのサイズは等しくなければなりません。
y y平面に相対するzからの曲面を指定します。 yは実数ベクトルまたは実数行列です。yがベクトルの場合、の長さはzの行数と等しくなければなりません。が行列の場合、zとのサイズは等しくなければなりません。
z z平面に対する曲面の高さを指定します。 zは行列です。
n プロットする等高線の数を指定します。
h 高さのレベルを指定します。hはベクトルです。lengthhは、プロットする等高線の数と等しくなければなりません。

出力

名前 説明
c 曲面zの等高線数を返します。 cは2行の実数行列です。cの最初の列は、その高さのレベルでの等高線の高さのレベルh、座標の数kを示します。次のk列は、等高線のxとy座標を指定します。
obj LabVIEWで作成された等高線のリファレンスを返します。 objは、線分オブジェクトのリファレンスです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(エラーが返される、または無視される)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

z = peakfcn2d(50);
contour(z)

関連項目

contour3d
contouris
contours
plotf_contour



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった