convcirc(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: filter implementation

要件:MathScript RTモジュール

構文

x = convcirc(a, b)

x = convcirc(a, b, n)

従来名: cconv

説明

2つの入力ベクトルの巡回コンボリューションを計算します。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
a 実数入力ベクトルまたは複素数入力ベクトルを指定します。length(a)がnより大きい場合、aをラップします。length(a)がnより小さい場合、aの終わりをゼロでパディングします。
b 実数入力ベクトルまたは複素数入力ベクトルを指定します。length(b)がnより大きい場合、bをラップします。length(b)がnより小さい場合、bの終わりをゼロでパディングします。
n 巡回コンボリューションのサイズを指定します。デフォルトは、length(a) + length(b) - 1です。

出力

名前 説明
x aおよびbの巡回コンボリューションを返します。

詳細

コンボリューション(Convolution)」VIのデフォルトメソッドと同じアルゴリズムを使用し、巡回コンボリューションを計算します。ただし、「コンボリューション」VIは常にlength(a) + length(b) - 1の長さで結果を返すのに対して、convcirc関数を使用してコンボリューションのサイズを設定することができます。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

a1 = 0.1:0.1:0.4;
b1 = mirrorh(a1);
x1 = convcirc(a1,b1);

a2=[1-j, 2+2j, 3-3j, 4+4j];
b2=[5+0.5j, 4-0.4j, 3+3j, 2, 1];
x2 = convcirc(a2, b2, 4);

関連項目

conv
fft
ifft



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった