corrmx(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: spectral analysis

要件:MathScript RTモジュール

構文

a = corrmx(x, m)

a = corrmx(x, m, s)

[a, r] = corrmx(x, m)

[a, r] = corrmx(x, m, s)

従来名: corrmtx

説明

a'*axの自己相関行列の推測値となるようなテプリッツ行列aを作成します。

サンプル

入力

名前 説明
x 入力信号を指定します。xは実数ベクトルまたは複素ベクトルです。
m 出力行列の次数を指定します。mは整数です。
s 出力行列の作成方法を指定します。sは以下の値を受け入れます。

'autocorrelation'(デフォルト) LabVIEWは両側を窓処理する標準の方法を使用します。
'prewindowed' LabVIEWは最初に窓処理を使用します。
'postwindowed' LabVIEWは最後に窓処理を使用します。
'covariance' LabVIEWは窓処理を使用しません。
'modified' LabVIEWはより高度な共分散法を使用します。

出力

名前 説明
a テプリッツ行列を返します。
r 自己相関の予測値a'*aを返します。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

A = 1:10;
X = corrmx(A, 5)

関連項目

corrcoeff
crosscorr



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった