crosscovar(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: spectral analysis

要件:MathScript RTモジュール

構文

c = crosscovar(a)

c = crosscovar(a, l)

c = crosscovar(a, option)

c = crosscovar(a, l, option)

c = crosscovar(a, b)

c = crosscovar(a, b, l)

c = crosscovar(a, b, option)

c = crosscovar(a, b, l, option)

[c, d] = crosscovar(a)

[c, d] = crosscovar(a, l)

[c, d] = crosscovar(a, option)

[c, d] = crosscovar(a, l, option)

[c, d] = crosscovar(a, b)

[c, d] = crosscovar(a, b, l)

[c, d] = crosscovar(a, b, option)

[c, d] = crosscovar(a, b, l, option)

従来名: xcov

説明

入力の相互共分散を計算します。

サンプル

入力

名前 説明
a ベクトルまたは行列を指定します。
b ベクトルを指定します。
l 相互共分散の長さを制御します。aが長さnのベクトルの場合、c = crosscovar(a, l)は長さ2*l+1のベクトルを返します。LabVIEWはln以上の場合、lをゼロでパディングします。
option abの間の相互共分散を計算するために使用する正規化メソッドを指定します。optionは以下の値を受け入れる文字列です。

'biased' バイアスのある正規化を適用します。
'coeff' ゼロラグの共分散が1となる正規化を適用します。
'none'(デフォルト) 正規化を適用しません。
'unbiased' バイアスのない正規化を適用します。

出力

名前 説明
c aおよびbの相互共分散を返します。aが行列の場合、c = crosscovar(a)aの列のすべての組み合せの相互共分散を返します。cは行列またはベクトルです。
d 相互共分散の指標を返します。lを指定すると、dは[-l, -l+1, ..., 0, ..., l-1, l]となります。dはベクトルです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

A = [0.1, 0.2, 0.3, 0.4]
C = crosscovar(A)

関連項目

covarmx
crosscorr



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった