crosspsd(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: spectral analysis

要件:MathScript RTモジュール

構文

crosspsd(x, y)

crosspsd(x, y, win)

crosspsd(x, y, win, noverlap)

crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize)

crosspsd(x, y, win, noverlap, range)

crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize, fs)

crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize, range)

crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize, fs, range)

Cxy = crosspsd(x, y)

Cxy = crosspsd(x, y, win)

Cxy = crosspsd(x, y, win, noverlap)

Cxy = crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize)

Cxy = crosspsd(x, y, win, noverlap, range)

Cxy = crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize, fs)

Cxy = crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize, range)

Cxy = crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize, fs, range)

[Cxy, w] = crosspsd(x, y)

[Cxy, w] = crosspsd(x, y, win)

[Cxy, w] = crosspsd(x, y, win, noverlap)

[Cxy, w] = crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize)

[Cxy, w] = crosspsd(x, y, win, noverlap, range)

[Cxy, w] = crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize, range)

[Cxy, f] = crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize, fs)

[Cxy, f] = crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize, fs, range)

従来名: cpsd

説明

2つの離散型時間信号のクロスパワースペクトル密度を計算します。出力を要求しない場合、この関数は現在のプロットウィンドウでクロスパワースペクトル密度をプロットします。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
x 最初の入力シーケンスを指定します。xは実数ベクトルまたは複素ベクトルです。
y 2番目の入力シーケンスを指定します。yは実数または複素数のベクトルです。length(x)はlength(y)と等しくなければなりません。
win 窓を指定して、xおよびyの各セグメントに適用します。winの長さは、セグメント数をどのようにxyで分割するかを決定します。winは、窓係数を表すベクトル、またはwinの長さのハニング窓を表す整数になります。デフォルトは、xyを8つのセクションに分割するハニング窓です。
noverlap データの隣接するセグメント間のオーバーラップするデータ要素数を指定します。noverlapwinの長さより短くなければなりません。デフォルトは、隣接するセグメント間のデータ要素の半分のオーバラップが結果として生じる長さです。
fftsize FFTの長さを指定して、データの各セグメントに実行します。デフォルトは、この数が256より大きい場合、xyの各セグメントの長さより次に大きい2の累乗です。それ以外の場合、デフォルト値は256です。
fs 入力シーケンスのサンプリング周波数をHz単位で指定します。fsを指定する場合、Hz単位で出力周波数を返します。fsを指定しない場合、サンプルごとにラジアン単位で出力周波数を返します。
range クロスパワースペクトル密度の範囲を指定します。rangeは以下の値を受け入れる文字列です。

'onesided'(デフォルト) 単側クロスパワースペクトル密度を返します。
'twosided' 復調クロスパワースペクトル密度を返します。

出力

名前 説明
Cxy 2つの入力信号xおよびyのクロスパワースペクトル密度を返します。xyが実数で、range'onesided'の場合、Cxyの長さは偶数fftsizeに対してfftsize/2 + 1、奇数fftsizeに対して(fftsize + 1) / 2になります。それ以外の場合、Cxyの長さはfftsizeです。
w LabVIEWでCxyを評価するポイントで、サンプルごとにラジアン単位で周波数を返します。
f LabVIEWでCxyを評価するポイントで、Hz単位で周波数を返します。

詳細

この関数は、ウェルチ法でxyのクロスパワースペクトル密度を計算します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい(出力を要求した場合)
RTターゲットでサポートされる はい(出力を要求した場合)
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

fs = 1000;
t = 0:1/fs:0.2;
fftsize = 1024;
win = win_hann2(64);
noverlap = 32;
noise = randnormal(size(t));

x = sin(2*pi*100*t) + cos(2*pi*250*t) + noise;
y = 2*sin(2*pi*50*t) + 3*cos(2*pi*400*t) - noise;
Cxy = crosspsd(x, y, win, noverlap, fftsize, fs);

関連項目

coherence_ms
psd_burg
psd_covar
psd_mcovar
psd_periodogram
psd_welch
psd_yule
pspec_eign
pspec_music
tf_estimateplot



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった