crosssd(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: spectral analysis

要件:MathScript RTモジュール

構文

crosssd(x, y)

crosssd(x, y, fftsize, fs, window)

crosssd(x, y, fftsize, fs, window, noverlap)

crosssd(x, y, fftsize, fs, window, noverlap, flag)

Sxy = crosssd(x, y)

Sxy = crosssd(x, y, fftsize, fs, window)

Sxy = crosssd(x, y, fftsize, fs, window, noverlap)

Sxy = crosssd(x, y, fftsize, fs, window, noverlap, flag)

[Sxy, f] = crosssd(x, y)

[Sxy, f] = crosssd(x, y, fftsize, fs, window)

[Sxy, f] = crosssd(x, y, fftsize, fs, window, noverlap)

[Sxy, f] = crosssd(x, y, fftsize, fs, window, noverlap, flag)

従来名: csd

説明

ウェルチメソッドを使用して、クロススペクトル密度を推測します。出力を指定しない場合、この関数は現在のプロットウィンドウのクロスパワースペクトルの振幅をプロットします。

サンプル

入力

名前 説明
x 最初の入力シーケンスを指定します。
y 2番目の入力シーケンスを指定します。length(y)はlength(x)と等しくなければなりません。
fftsize FFTの長さを指定して、データの各セグメントに実行します。デフォルトは256の最小値、xの長さになります。
fs サンプリング周波数を指定します。デフォルトは2です。
window 窓を指定して、xおよびyに適用します。windowの長さはfftsize以下でなければなりません。デフォルトはfftsizeの長さのハニング窓です。
noverlap データの隣接するセグメント間のオーバーラップするデータ要素の数を指定します。noverlapwindowの長さより短くなければなりません。デフォルトは0です。
flag windowを適用する前にxおよびyを前処理するのに使用するメソッドを指定します。flagは以下の値を受け入れる文字列です。

'linear' LabVIEWはデータの各セグメントの最良線形フィットを削除します。
'mean' LabVIEWはデータの各セグメントの平均を削除します。
'none'(デフォルト) LabVIEWはxおよびyを前処理しません。

出力

名前 説明
Sxy 入力信号XおよびYのクロスパワースペクトルを返します。xおよびyが実数の場合、Sxyの長さは偶数fftsizeに対してfftsize / 2 + 1、奇数fftsizeに対して(fftsize + 1) / 2になります。XYが複素数の場合、Sxyの長さはfftsizeになります。
f Sxyに対応する周波数を返します。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい(出力を要求した場合)
RTターゲットでサポートされる はい(出力を要求した場合)
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

fs = 1000;
f = 100;
T = 2;
t = 0:1 / fs:T - 1/fs;
x = sin(2*pi*f*t) + 10*t;
y = sin(2*pi*0.5*f*t) + 20*t;
fftsize = 256;
[pxy fxy] = crosssd(x, y, fftsize, fs, win_hann2(fftsize), fftsize / 2, 'linear');

関連項目

coherence
sin
tf_estimate
win_hann2



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった