diary(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: commands

要件:MathScript RTモジュール

構文

diary

diary on

diary off

diary filename

diary 'filename'

diary('filename')

説明

テキストファイルに現在のセッションを保存します。diary関数は、コマンドウィンドウまたはスクリプトエディタからの入力と、出力ウィンドウからの出力を、テキストファイルに書き込みます。グラフィックはテキストファイルに書き込まれません。ファイル名を指定しないと、LabVIEW Dataディレクトリに自動的にdiary.txtというファイルが作成されます。diary onは、テキストファイルへの書き込みを開始します。diary offは、テキストファイルへの書き込みを停止します。diaryは、diary ondiary offを切り替えます。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
filename 書き込み先のファイル名を指定します。テキストファイルがLabVIEW Dataディレクトリに作成されます。ファイルパスまたはファイル拡張子を指定するには、'filename'構文を使用します。

詳細

この関数は、LabVIEWランタイムエンジンではサポートされていません。この関数をスタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリで使用しないでください。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

以下の例では、LabVIEW Dataディレクトリのdiary.txtにデータが書き込まれます。LabVIEW MathScriptウィンドウで、以下のコマンドを一度に1行ずつ呼び出します。

diary on
A = [1:1:15];
C = sum(A)
diary off

以下の例では、LabVIEW Dataディレクトリのtest.txtにデータが書き込まれます。LabVIEW MathScriptウィンドウで、以下のコマンドを一度に1行ずつ呼び出します。

diary test
A = [1:1:15];
C = sum(A)
diary off

関連項目

fprintf



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった