diowrite(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: daq

要件:MathScript RTモジュール (Windows, Linux)

構文

diowrite(device, channel, lines, data)

error = diowrite(device, channel, lines, data)

説明

指定されたデバイスの指定されたデジタルチャンネルの各ラインに1つずつサンプルを出力します。

サンプル

入力

名前 説明
device デバイス名を指定します。deviceは文字列です。
channel サンプルを出力するチャンネルを指定します。channelは正の整数です。
lines サンプルの出力先となるchannelのラインを指定します。linesは正の整数のベクトルです。
data channelの各linesに出力するサンプルを指定します。dataは0または1の値を取ることができます。datalinesと同じ大きさの実数ベクトルです。

出力

名前 説明
error データ集録タスクが正常に完了すると0を返します。それ以外の場合、この関数は-1を返します。errorはスカラです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

DEVICE = 'Dev1';
CHANNEL = 0;
LINES = [0, 1, 2, 3];
DATA = [0, 0, 1, 1];
ERROR = diowrite(DEVICE, CHANNEL, LINES, DATA)

関連項目

aich
aiwf
aoch
aowf
dioread



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった