dlaplacian(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: vector

要件:MathScript RTモジュール

構文

c = dlaplacian(a)

c = dlaplacian(a, d)

c = dlaplacian(a, dx, dy)

従来名: del2

説明

離散ラプラシアンを計算します。この関数のアルゴリズムは、境界条件を補外して作用します。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
a ラプラシアンを計算する関数の値を指定します。aは行列です。
d xおよびy軸に沿ったポイント間または2D配列の1次元および2次元間の間隔を指定します。dは、実数倍精度浮動小数点数の配列です。デフォルトは1、またはdx = dy = 1です。
dx x軸に沿ったポイント間または2D配列の2次元の値間の間隔を指定します。dxは、実数倍精度浮動小数点数の配列です。デフォルトは1です。
dy y軸に沿ったポイント間または2D配列の1次元値間の間隔を指定します。dyは、実数倍精度浮動小数点数の配列です。デフォルトは1です。

出力

名前 説明
c 0.25でスケールされたラプラシアンで表される行列を返します。

詳細

dlaplacian関数の点の間隔は、2とおりの方法で指定できます。dxまたはdyに要素が1つしかない場合は、対応する軸の2つの連続した点の間隔は一定になります。dxまたはdyに複数の要素が含まれている場合、点の対応する軸での座標が要素の値によって決定されます。したがってdxまたはdyの長さは、aの対応する寸法に適合しなければなりません。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

A = peakfcn2d(30);
C = dlaplacian(A);
surface(C)

関連項目

divergence
peakfcn2d
surface



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった